沼校 DO YOUR BEST!!
校舎住所 〒800-0208 福岡県北九州市小倉南区沼本町1-1-23
電話番号 093-471-0406
集団指導 小学生中学生See-beパズルジュニアイングリッシュ
個別指導 小学生中学生高校生
塾長挨拶 校舎地図
校舎外観
     
     
 
1

冬期講座スケジュール

冬期講座

上部へ戻る
   
 
1

2学期期末テスト結果!

更新日:17.12.06

テスト結果

上部へ戻る
1

11月恒例行事!

更新日:17.11.30

25日、小学部恒例の公開実力判定テスト会を実施しました。
現在の実力をはかる学期に一度の力試しのテストです。

テスト後は、理科実験!
今回はクリップを使った「遠心力」実験です。

実験


上部へ戻る
1

伝統をいかんなく発揮!! 中1・中2の冬

更新日:17.11.29

39、32、30、29、28
これが何の数字かというと、
2学期中間テストにおいて岡垣校の生徒が達成した「順位上昇」の記録なんです!!
(1学期期末テスト→2学期中間テスト)

39位上昇の生徒は、夏休みの講座から塾に参加して、いっきに大成長した子です。学校がお休みになる期間は、時間の余裕を次のテスト対策にめいっぱい使える絶好機。創立三十年余の長きで培った「伝統の定期テスト対策」は、この冬もいかんなく発揮されます!!

冬期

2学期の定期テストに不満が残った人、次の学年に向けて先を見始めた人……、この時期は多くの人が「危機感」を持ちますよね。でも、その危機感があっという間に冷めてしまい、気づいたら次のテストで同じまちがいを繰り返してしまう。。。そんな悪循環になってはいませんか。

余裕をもって勉強に向かえるこの冬こそ、2018年のはじまりとともに、新しい自分になれるチャンスです!!

力だめしのチャンスとして、中1・中2の「冬期コース判定テスト」も実施されます。
判定テスト

テストを一度受けてみてから冬期講座の受講を検討してみる、といった方ももちろん参加可能です。
お問い合わせ・お申込は、沼校(TEL : 093-471-0406)までお気軽にどうぞ!!


上部へ戻る
1

冬期講座のご紹介(小6コース)

更新日:17.11.28

現在、沼校では来月スタートの冬期講座について、申込受付中です!!
(日程の詳細は、ページ上部のバナーをクリックしてご覧ください)

小学部の冬期講座は、今年も「授業料無料(諸費用2,160円・税込)」で実施します。
冬休みという短い期間だからこそ、短期集中で頑張れる、取り組みがいのある講座にしたい……、そんな思いから、今年の小学部の冬は、「革新」というテーマを掲げ、2020年の大学入試改革を皮切りに変貌していく新しい教育への対応を進めます。

中学進級を目前に控える小6生も、いわゆる「アクティブ・ラーニング」型の授業スタイルで、国・算・社・理の授業を実施します。教わることをひたすら暗記・演習する勉強から、生徒自ら積極的に参加し協働することでより能力を高める勉強へ。「主体的な学び」を目指すこれからの教育形式で、中学進級というステップアップに向かう小6生をサポートします!!



※小6コースは、講座期間中の実力テスト受講を希望される際は、テスト代3,240円(税込)が別途必要です。

この「革新」を多くのお子さんに体験してほしい、という思いから上記の特別学費での開講となっております。定員を迎えた際は、受付を終了させていただく場合もございますので、ご関心をお持ちの方は、お気軽に、沼校(093-471-0406)までお問い合わせください。

上部へ戻る
1

小3〜5の「考える」冬期講座

更新日:17.11.25

ご好評をいただいている、冬期講座について、今回は「小3〜小5講座」のご案内です。

アクティブ・ラーニング型指導による「主体的な学び」を目指す小6講座と同じく、小3〜小5講座も“革新”のバージョンアップ!!

算数の授業に加えて、通常の教科構成にとらわれない「考える力」そのものを育むスペシャルプログラムを開講します。



教育改革以降の新時代、与えられた問い・ひとつしかない答えに収まらない、自ら考える力はいっそう求められていきます。冬休みの短い期間だからこそ、そんな「考える力」を育てる新プログラムにチャレンジしてみませんか?

小学生の冬期講座は、授業料無料(諸費用2,160円・税込)での実施です。冒頭にお断りしたとおりご好評につき、定員に達ししだい受付終了となります。ご関心をお持ちの場合は、お早めに沼校(093-471-0406)までご連絡ください。

上部へ戻る

   
  塾長挨拶

慶越 友一 < けいごし ともかず >

明るさを生かして楽しい授業をします。時には真剣に、時には厳しく、生徒と一緒に苦しみを乗り越え、共に喜びを味わいましょう。

担当科目(数)

   
     
  校舎地図
 
   
ページの先頭へ戻る