明野校 DO YOUR BEST!!
校舎住所 〒870-0171 大分県大分市法勝台1-1-17
電話番号 097-556-2066
集団指導 小学生中学生See-beジュニアイングリッシュ読書の力
個別指導 小学生中学生高校生映像指導
塾長挨拶 校舎地図
校舎外観
     
     
 
1

夏期講座スケジュール

夏期講座スケジュール

上部へ戻る
1

1学期講座スケジュール

1学期講座スケジュール

上部へ戻る
   
 
1

期末テスト結果

更新日:19.07.23

新体制となり最初の定期テストとなりました。
非常に素晴らしい結果となりました!

その中でも今回のMVP。。。前回学年末より134点UPの生徒です!
非常に嬉しいです。その他にも明野校に通っている子供たちの努力の結果をご覧ください!


上部へ戻る
1

小中学生の英語はこれからどうなる?

更新日:19.06.26

教育改革におけるひとつの柱が英語教育ですが、「大変になる…」という印象はあっても、具体的にどのようになるかは、なかなか把握しづらいのが現状です。

現在掲げられている大きな変更点は、

・小学3・4年生は、年35時間の「外国語活動」
・小学5・6年生は、年70時間の「教科」扱い(通知表にも記載される)
・中学生からの授業をオールイングリッシュにする


等々が挙げられています。

教科としての大変さの例でいうと、こちらのように、今からの小中学生は、今までの中学生が卒業までに履修する単語数の、約2倍になっていることからも伺えます。

JE

特に、移行期間である現在の小学6年生や中学1年生は、途中から教科書が一気に難しくなることが予想されます。
お子さんは、学校で週に何時間、外国語活動の時間があるでしょうか?

九大進学ゼミには、「Jr. Englishコース」という小学生対象の英語コースがあります!
タッチペンを使用し、ネイティブの発音を聞きながら、「聞く」「読む」という力だけでなく、「話す」「書く」という力も鍛えていきます。

JE

また、この夏は、Jr. English夏期講座もあります!

● 授業回数:夏休み中に4回
● 曜日と時間帯:水曜日か金曜日 17:00〜18:00
● 学費・諸費用はお問い合わせください

初めてなので心配…という方は、ぜひこの機会にお試しください!

上部へ戻る
1

すでに勝負は始まっている〜成績上昇のポイントはまずは敵を知ること〜

更新日:19.05.18

体育祭や市総体前ということもあり、普段よりも学習に対しての意識が下がりやすい時期です。

九大進学ゼミでは4月〜6月の期間、毎月1度、志望校判定学力診断テストを実施しています。

多くの方が受験は夏休みからと考えているかもしれませんが、大事な時期にどの部分を強化すればいいのかを知っていれば効率よく学習を進めることができます。この期間の模試は結果も大事ですが、どの部分が苦手なのかを把握し、来るべき時期に弱点を叩くことが出来ることが目的です。来月には1学期期末も控えています。
「体育祭の準備が忙しいから。。。」「部活が忙しいから。。。」という理由で勉強時間が取れないという方もいると思いますが本当にそうでしょうか?客観的に見れば少しの時間も無駄にしない気持ちがあれば両立は可能です。

私が大好きな言葉です。
゛中途半端だと愚痴が出る。一生懸命だと知恵が出る!"



上部へ戻る
1

勉強との両立

更新日:19.05.16

気温が高い日も増え、中学生は体育祭のシーズンになってきましたね!
この時期になるとよく相談をいただくテーマが「両立」です。

・市総体にむけて部活が長くなってきた、なかなか勉強できない…
・体も疲れるし、学校の宿題もあるし、それで塾に来るのが大変…


子どもたち本人から相談されることもありますし、保護者の方から「見ていて心配」とご相談いただくこともあります。

私は、その悩み自体は成長の一過程として、良いことだと思っています。
なぜなら、どちらも頑張ろうと思わなければ、まず悩まないからです。
(手を抜こうと思えば抜けますからね!適当にやり過ごせば悩みません)

さて、ここで悩みに対して大きくは2つの選択肢があると思います。

(1)悩んでいる原因を無くす(部活や勉強や塾、大変なことをやめる)
(2)その壁をどうやって乗り越えるのか、考える


どちらの選択肢が、子どもたちにはいいのでしょうか。

もちろんケースバイケースではありますが、私は、一緒にその壁を乗り越える方法を探してあげるのが、大人としての役割ではないかと思っています。両立においては、悩みの原因を取り除いてあげるのは簡単ですが、これからどんどん大人になっていく過程で、一人で乗り越えていかなくてはならないことが、たくさん出てきます。ですから、簡単に投げ出さず、自分で生きていける練習をするのが、学生時代だと思います。

ただ、「勉強しなさい」「部活もがんばりなさい」ではなく、やり方、時間の使い方、考え方、いろんな面で一緒に考え、成長をサポートする。たくさん悩んで、でも壁を乗り越えた子どもたちを見てきました。勉強を通して、ひとつでも子どもたちが成長してくれるとうれしいですね。

(文責 藤田)

上部へ戻る
1

5月入会受付中!!※中学3年生必見

更新日:19.04.23

入会受付

九大進学ゼミ明野校では5月新規入会生を受け付けています。
入塾の流れとして、まずはお子様の実力を確認するための入塾テストを全員の方に受験して頂きます。
教科は英語と数学です。5月入会を希望される方は以下の日程でまずは入塾テストにご参加ください。

入塾テスト

中学3年生の方はこの1年間で行われる行事が最後になります、。これからは5月に体育祭、6月には運動部に所属している方は中体連があります。受験勉強に本腰をいれたいと思っていても、行事を優先せざるを得ないこともよくあることです。全てが終了してから塾を検討する方も多くいらっしゃいますが、そこで毎年私たちが思うことがあります。

それは「内申点の重要性」です。内申点は3学年合計で260点満点で計算されます。詳細は省きますが中学1.2年生で130点、中学3年生の130点です。つまり、現段階で入試の合否を決定する3つの要素(中学1.2年生内申点&中学3年生の内申点&当日の実力テスト)のうちの1つは既に決定しています。部活に残りの期間は力を注ぎたいという気持ちはわかります。私も野球をしていましたのでその気持ちわかりますが、文武両道という言葉があるように、部活に本当に全力を注いでいる人は学習にも全力を注いでいます!実力テストの点数は当日の朝まで上がる可能性がありますが、内申点は入試当日には既に決まっています。変更ができません。そのために今は1学期期末テストで過去最高点を獲得し内申点を確保することが志望校合格の第一歩です。現状から打破するためにまずは1歩踏み出しましょう!

上部へ戻る

   
  塾長挨拶

栄木 和也 < えいき かずや >

学力を通して社会に貢献できる人材?を育成するために日々生徒に全力投球を行っていきます。 地域に明るい声を届けていきます!

担当科目(英:社)

   
     
  校舎地図
 
   
ページの先頭へ戻る