学習のしくみ

Home > 小学部 > サナスタTop > 学習のしくみ


サナスタの授業は、新しい学習メソッド

サーキットトレーニング


サナスタの授業では、『サーキット・トレーニング方式』を取り入れています。

1回の授業は60分。

その時間内に、算数・国語・理科・社会・英語(※)、それぞれの内容につながる多彩な学習メニューが盛り込まれ、 複数の教科をバランス良く組み合わせて学習することができます。

新しい学習メソッドに基づいた画期的な授業スタイルが、「勉強好き」の子どもたちを生み出し、効率よく学力の土台を築きます。

(※)図はプログラムの一例です。
(※)実施する教科は、毎回の授業で異なります。

サーキットトレーニング5つの特長


1回の授業はショートレッスンで組み立てられています。
これにより子どもたちは、集中力を切らすことなく飽きずに学び続けることができます。
授業が単純な反復練習にならないよう、発見や驚きなど好奇心を刺激する場面をたくさん設けています。


小1と小2、小3と小4が、それぞれ同じクラスでチームをつくって学びます。
異なる学年の生徒たちが、協力したり励まし合ったりしながら学習を進めます。
特別な学習環境で学ぶことで、子どもたちのやる気も自然と高まります。


「全員参加型」の授業スタイルにより、子どもたちは“受け身”になることなく“能動的”に学習に取り組めます。
内容が1つの教科に偏ることがないため、得手不得手に左右されることなく、それぞれが個性を活かして得意分野で活躍することができます。


スポーツでも遊びでも、子どもたちは仲間と競い合いながら腕を磨くのが大好き。
サナスタの授業にもその原理を取り入れ、「カードゲーム」「すごろく」「カルタ」など興味を持てるような形式のプログラムを授業に採用しています。


プログラムの一つである「StepUp漢字」は、小学校で使用している教科書の漢字を習得することを目指します。
読み書き能力を高めることで、学校の勉強にも自信をもって臨み、テストで確実に得点できるようサポートします。