輝く女性たち



入社当時、配属されたエリアに育児休業中の先輩社員がいることを知って女性にとっても安心のできる職場だと感じました。

そんな環境も整っている中で、これからたくさんの経験を積み、色々なことが語れる教師になれるように今日も試行錯誤しつつも前進中です。

この仕事をして、初めて「大人の本気」というものを知りました。男女の区別なく本気で仕事に取り組めることが私にとって原動力となっています。

「先生のおかげで出来た!」と子どもが言ってくれる姿を見ると、頑張ってよかった!と達成感を感じます。

岩本2
岩本3

このページの最上部へ戻る


『ママになっても生徒・保護者そして自分の夢に向かって突っ走りたい! ! 』という想いで日々過ごしています。

息子のこと、家庭のこと、仕事のことと1日2 4 時間じゃ足りないくらい慌ただしいのですが、こんなに充実した毎日を送れるなんて思ってもみませんでした。

職場の同僚や上司は困った時にはじっくり話を聞いてくれ、応援してくれます。ときには本部を跨いで連絡がくることも…。

復帰した現在では塾長として、1つの校舎を任せてもらっています。仕事と家庭の両立をしながら、さらに活躍の場を広げていきたいと思っています。

岸川2
岸川3

このページの最上部へ戻る


世間では産休育休の取得、女性の社会復帰が推奨されています。しかし同時に、社員が産休育休を取得して職場を離れることは、きっと会社にとっては大変なことだろうと感じていました。

そんな中、私自身が妊娠し、会社に報告をした際に、上司から産休育休を取得して会社に戻っておいでと声をかけてもらい、とても嬉しかったことを覚えています。

現在、2人目の子どもを出産し、2度目の育児休業を取得中です。 2人の子どもの育児は大変ですが、日々奮闘しています。職場に復帰するときはたくさん支えてもらった分、自分の経験を活かして、生徒のため、そして家族のために尽力していきたいと思っています。

陶山2
陶山3
  • 人材募集トップへ
  • ホームへ

  • 株式会社さなる九州(九大進学ゼミ)
    (c) Copylight 2018 Sanaru-Kyushu co.,ltd.