中学部|数学


数学の基礎を作り上げる徹底演習。「できる」から「わかる」につなげる指導システム。
1

基本的な「計算力」を鍛える

数学で最も必要な力は「計算力」です。
すべての応用問題は揺るぎない「計算力」があってこそ、解くことが可能になるのです。九大進学ゼミでは、「計算力」を育てるために、徹底した演習を行います。
数学の難問というものは、複数の基本的解法を積み重ねることによって、解くことが可能になります。ひとつひとつの解法をタイミングよく使う力こそが「応用力」と言われるものなのです。九大進学ゼミでは、その「応用力」を構成する「計算力」を早期に身につけさせるための教材・指導において絶対の自信を持っています。

1

今、問われる「思考力」

昨今の入試問題は、単なる公式の暗記や解法の詰め込みでは通用しません。その場で解法にたどり着くための「思考力」を試す問題がほとんどです。「思考力」というと天性のセンスのようなものをイメージしがちですが、そうではありません。「思考の経験を多く積む」ことこそが、「思考力」を育てることにつながるのです。

1

「できる」から「わかる」へ

学校の授業では、最初に概念理解から指導されます。ところが、その概念理解は子どもたちにとっては往々にして難解です。
その時点で苦手意識を持ってしまうと、その後の反復練習など手につくはずがありません。結果として、「テストの点数もとれず、より自信を失ってしまう」悪循環に陥るのです。
九大進学ゼミでは、概念理解をコンパクトかつスピーディーに指導します。早めに演習に突入し、まずは「○」がつく経験をさせるのです。「できる」と思った子どもは、数学への興味を持つようになります。
そのタイミングであらためて概念理解を促進するのです。そうすると「わかる」ようになり、ただの丸暗記勉強から脱却し、真の数学力をつけていくことができるのです。

授業風景
年間カリキュラム
中1 中2 中3
4 正の数と負の数 文字式の計算 式の展開・因数分解
5 加法と減法・乗法と除法 文字式の利用 素因数分解・平方根
6 文字と式 連立方程式 平方根の計算
7 1次式の計算・等式 連立方程式の利用 2次方程式
8 方程式 1次関数 2次関数
9 方程式の利用 1次方程式と1次関数 2次関数のグラフ
10 比例 角と平行線 相似な図形
11 反比例 三角形の合同・証明 平行線と線分の比
12 比例と反比例の利用 三角形 三平方の定理・三平方の定理の利用
1 平面図形の観察・平面図形の作図 平行四辺形 私立入試対策
2 空間図形の観察・図形の計量 場合の数・確率 公立入試対策
3 学年の総復習・次学年の予習 学年の総復習・次学年の予習 公立入試対策

※大阪書籍発行の教科書の例です。※カリキュラムは、地域や中学校により、変動することがあります。

入試対策<<< 国語<<< 数学<<< 社会<<< 理科<<< 英語<<<
前のページへ戻る
   
         
         
ページの先頭へ戻る