山口県立山口高校

暗記は最後まで伸びる

2018年中学部修了 女子

 私は中学校入学前の春休みから九大進学ゼミに入りました。「中学校の勉強は小学校よりもずっと大変」と、周りの人から聞いて、対策をしなければ……と思ったことが、入塾 のきっかけです。
 部活動がいそがしかったので、3 年生の夏休みは、みんなと昼の時間帯に勉強することができませんでした。そのため、部活を引退してすぐに受けた11 月の模試ではみんなと大き く差がついてしまい、焦りと不安を感じました。
 私は暗記が苦手で、社会と理科の点数がずっと悪かったのですが、1 月くらいから本気で暗記をはじめ、その後の模試からは安定した点数を取ることができるようになりました。
 暗記は最後まで伸びるので、ぎりぎりまであきらめずに頑張って下さい。


一歩ふみ出すことが大切

2018年中学部修了 女子

 私は正直、ぎりぎりまで山高を受けるか悩んでいました。しかし、私は小6から九進に通っているという自信と、先生を信じるという強い想いに後おしされ、山高を受けることを 決心しました。
 勉強をしてもしても上がらず、悔しい想いをした日々が何度もありました。もう無理なのではと自信を失いかけたこともありました。そんな中、私を信じ続けてくれたのは両親と 九進の先生方でした。私はその人たちのおかげで、あきらめずにここまでこれたと思っています。
 「受験してみないと、合格か不合格かも分からない。」先生に言われた言葉です。迷っているのなら、自分を信じて、誰かを信じて、一歩ふみ出すことが大切だと思います。私はそ れを受験で実感することができました。


日々の努力が必要

2018年中学部修了 男子

 僕は中1の春から九大進学ゼミに入りました。この塾は定期テストにとても力を入れてくれるので、定期テストではよい点をとることができました。
 受験では、今まで積み重ねてきた努力がとても役に立ちます。そこで、定期テストや日々の努力が必要となります。だから、受験がまだまだ先で、何をしていいか分からない人は、 今、学校や塾でやっている学習を一生懸命やってみて下さい。これは、3年生の夏になると、「やっておいて良かった」と実感できると思います。
 そして、受験はだれもがつらいと思うものです。時には、親や塾の先生に頼りながら、最後まであきらめずに頑張って下さい。


今まで以上に努力しました

2018年中学部修了 男子

 僕は中学一年生の初めに九大進学ゼミに入塾しました。一年生のころは、塾に行っているから勉強しなくていいと思い込んでいたせいで、勉強に苦戦する時期がありました。しか し、努力し続けた結果三年生になり、最高得点が取ることができ、嬉しかったです。
 受験のための勉強が本格的にスタートし、楽しいことばかりではありませんでした。月に一度のテストでは合格ラインに達することが出来ず、志望校を変えるか迷っていました。 そんな時、家族の言葉や九進の先生方に励ましてもらい、頑張ることができました。
 僕は志望校を変えず、今まで以上に努力しました。今まで頑張ってきたことを本番に出せるようにイメージトレーニングをし、本番ではしてはいけないミスを多くすることなく、 挑むことができたと思います。


合格はすごく嬉しかった

2018年中学部修了 男子

 僕は、中学二年生の春期講座のとき、九進に足を踏みいれました。最初はまだ高校のこともよく知りませんでしたが、塾の先生方のおかげで、山口高校に入りたいと強く思い、目 標を持つことができました。
 そうして受験という壁をのりこえるため準備を始めた僕ですが、一年の頃からなまけていた僕は、通知表の評定という部分で大きなハンデを背負ってしまいました。その分、点数 でとり返さなければならなくなってしまったので、僕は死ぬ気で勉強しました。あせりや不安、過去の自分への怒りを感じながら過ごす日々でした。
 そして受験が終わり、合格発表の日に自分の番号をみて、さけびました。合格はすごく嬉しかったけれど、過去の自分に「もっと勉強しておけ」と言いたいです。


良いスタート

2018年中学部修了 女子

 私は、中学一年生から九大進学ゼミに通い始めました。私は、中学校の勉強に追いつけるか不安だったけれど、入塾したおかげで良いスタートを切ることができました。
 毎月ある塾のテストでは、なかなか良い成績が出せず、落ち込むことがあったけれど、最後の2月のテストでは、今までで一番良い点をとることができました。
 志望校に受からないかもしれないと不安におもうことは何度もあったけれど、先生方がはげましてくれたり、塾の友達ががんばっている姿を見て、最後までがんばることができま した。
 私は志望校をあきらめずに良かったと思えたのは九進の先生方のおかげです。ありがとうございました。