受験体験記
宇部高校
Home > 受験体験記 > 山口地区【宇部高校】
深みと高みを共に目指して

探求科 合格 女子

 私は受験を通して、たくさんの経験とこれからの人生の糧を得ることができました。
 「受験は団体戦」この言葉はよく耳にする言葉です。最初、私はあまりそう思いませんでした。結局は合否が出るなら個人戦だ、と思い込んでいました。しかし、すぐにそれは間違いだと九大の友達や先生に気付かされました。私が特にそう感じたのは、朝から夜までひたすら勉強した年末・年始特訓です。苦しい中でも、長期間の受験勉強に耐えられたのは、お互いを励まし合えたからです。また、九大の友達と教え合ったり、お互いを高め合ったりすることで、勉強の質も、絆も深みを増していけたと思います。くじけそうになることもきっとあります。そんなときは周りを見て、支えてくれる存在に気付き、再び歩き出してください!!


目標をもつこと、自分の力を出すこと

探求科 合格 男子

 僕は小学6年生の時に入塾しました。小学校では、中学生へ向けて国語の読解力を養うことができました。
中学生となり、初めての定期テストで納得いく成績を残すことができませんでした。更に同じ塾のT君が1位でとても悔しかったことを覚えています。その日から僕の目標は1位となり、順位にこだわって勉強をするようになりました。目標を持って勉強をすることで効率よく学習することができます。3年間を通して上位を保つことができたのは、常に目標を1位にしていたからだと思います。
 高校受験は、自分の力をしっかりと出す事ができれば大丈夫です。そのためには体調管理や自分に自信をもつことが重要です。
 来年、再来年受験を受ける皆さん、がんばって下さい。


私の頑張り

探求科 合格 女子

 私は2年生の夏期講座から塾に入塾しました。周りの人の意識が高く、私もだんだんと意識が高くなっていきました。
 私が宇部高を目指し始めたのは夏からです。宇部高という高い目標をもつことで、勉強のやる気もでてきました。私は特に暗記に力を入れました。社会の年号は日々宿や完全整理を何度も見て覚えました。歴史に関してはプログレスを2回やり終えた後も何度も見直しするなど、とにかくできることを徹底しました。英語の日々宿やプログレスも訳を書くようになっていきました。そのおかげか、偏差値は上がり続けました。また私は入試本番で最後に簡単な問題を見直すと解き間違いに気付いたので、普段の模試から見直すようにして、習慣づけておくと良いと思います。


志望校合格までの道のり

探求科 合格 女子

 私が九大進学ゼミに入塾したのは、中学1年生の頃です。最初は日々宿をためてしまうことも多々ありました。それでも毎日コツコツと続けると、定期テストの順位も上がり日々勉強をする習慣も身についていきました。
 しかし、受験勉強は甘いものではありませんでした。日々宿の量も増え、本当に毎日机に向かってやらなければ終わらないくらいでした。けれど、あきらめず志望校合格を目指して毎日先生にも背中を押されながら続けていきました。すると、基礎力を身につけることができ、自信へとつながっていきました。
 勉強はとても大変ですが、努力した分自分の力へとなっていきます。だから、最後まであきらめず、頑張ってください!


惜しまぬ努力で勝利を掴め

普通科 合格 女子

 私は、小学校から九進で学習しています。
 その頃の宿題は主に日々宿で、それが中二まで続きました。しかし、いよいよ中三になり、受験シーズンに入ると、受験勉強も本格的になっていきました。学校と塾の宿題の両立、そしてそれに伴う体調管理の徹底が求められ、とても大変でした。しかし、受験に関して良好とは言えない現実を受けとめそれらを頑張ってみると、テストの点数がぐっと上がっていました。これがとてもうれしく、努力の素晴らしさを知ることができました。
 厳しくも温かく最後の最後まで支えて下さった九進の先生方にはとても感謝しています。受験は、確かに怖いけれど、乗り越えた先で必ず成長させてくれます。その成長した姿で、第一志望した高校へと進めるよう惜しまず努力できた者が最後に勝つことができるのです。


E判定からの逆転受験

普通科 合格 男子

 僕は中学3年生の夏休み前から入塾しました。最初のころは受験勉強を全くやらずにさぼりっぱなしで模試でE判定をとってしまいました。
 勉強が全くできない僕を変えてくれたのは九大から出される日々宿でした。「1点にこだわれ!」「年号を制する者は歴史を制する!」など塾の先生方が日々宿の大切さを教えて下さいました。先生方のおっしゃった通り勉強すると、びっくりするくらい点数が上がりました。本当に日々宿に感謝しています。
 先生方のおっしゃったことを全力でやれば必ず成績は上がります。急上昇します。だから最後まであきらめないで下さい。1点にこだわって下さい。しっかりと休憩をとりながらがんばって下さい。絶対合格できます。がんばれ!


逆転合格

普通科 合格 女子

 私は中学1年生の冬から九大進学ゼミに通い始めました。3年生になるまで勉強はあまりしていませんでした。しかし、3年生になって、厳しい言葉で現状を言われたとき、初めて焦りを感じました。けれど、少し勉強量を増やしただけで、大きく変えることができず、11月の模試まで志望校はE判定でした。さすがに、間に合わないと思い、冬期講座で頑張って、2月の模試で、探求科の偏差値に届きました。だけど、私は普通科志望で、まだ偏差値が足りなかったのに一喜一憂してしまいました。その次の模試で偏差値が10以上落ちました。もう、あきらめかけていました。でも、先生から暗記科目を徹底するようアドバイスされ、先生に言われたとおりにして、受験に臨み、志望校に合格することができました。だから受験で暗記科目をとることは大事です!


塾から学んだ自主勉強のコツ

普通科 合格 女子

 私は中学1年生の初めに九大進学ゼミに入塾しました。当初、無駄なノートの使い方をしていた私を、先生はすぐに指導してくださり、勉強法について助言をいただきました。 毎日の自主学習ノートの使い方を変えてからは、少しずつ学力が身についていき、定期テストで良い結果を残せるようになりました。この勉強法から培った実力を受験当日に発揮することができました。受験を終えた今、日々宿やSPTなどの教材や100トレを丁寧にこなしてきたことが大きかったと感じています。
 これからは今まで私を支えてくださった先生方や家族に感謝しつつ、目標としていた学校で勉強できる喜びを忘れずに勉学に励みたいと思います。


一日一日を大切に

普通科 合格 男子

 僕は、中学3年間九進でお世話になりました。日々宿を面倒くさいと思い、いい加減にしていた時期もありました。ですが、受験勉強を本格的に始めた時、とても後悔しました。思っていたより勉強が身についていなかったからです。まずは、日々宿を真剣に取り組み、復讐を丁寧にすることから始めました。「日々宿の努力は自信となり、その努力は結果へと結びつく」 僕は日々の努力から苦手科目にも自信が持てるようになりました。受験勉強で行き詰る時もありましたが、同じ目標を持った仲間達、いつも見守りアドバイスをくれた先生や家族がいてくれたから頑張ることができました。感謝しています。
 後輩のみなさん、「継続は力なり」です。頑張って下さい。