受験体験記
三養基高校
Home > 受験体験記 > 佐賀地区【三養基高校】
受験を通じて知ったこと

普通科 合格 女子

 3年生になったばかりの頃、私は全然受験生という自覚がありませんでした。しかし、夏合宿に参加した際、先生方の熱く分かりやすい指導、周りの生徒の集中力に圧倒され、受験生という自覚をもつことができましした。
 しかし、11 月の模擬まで結果を残すことができませんでした。「この時期にこの結果では」という焦りがでてきました。そこから毎日の放課後と土日は自習室で勉強するようになりました。何度も何度も「もう勉強したくない」と思うことがありました。受験が近づくと不安がとても大きくなりましたが、先生方や両親が励ましてくれました。そのおかげで安心して受験をむかえることができ、無事合格することができました。
 私は受験を通じて自覚することの大切さ、応援してくれる人のありがたさを知りました。


受験を通じて学んだこと

普通科 合格 男子

 僕が受験勉強を通じて学んだことは、メリハリをつけて行動するということです。
 僕は中3 の夏休みが始まるまで勉強を家で、ほとんどしていませんでした。今まで勉強をしていない人が高得点を出せるわけもなく、最初の模擬ではC 判定でした。こんな結果では、受かるわけがないと思いました。そこで、僕はその日から色々な事にメリハリを付けて行動するという事を始めました。毎日早寝、早起きをし、勉強、休憩の時間を決めて繰り返し、最後のテストでは、目標点数を達成でき、判定はA 判定を取ることができました。本番までの努力の時間で実力は変わるので勉強をがんばって、本番はほどよく緊張して、自分の力を出してください。