受験体験記
致遠館高校
Home > 受験体験記 > 佐賀地区【致遠館高校】
受験勉強を終えて

理数科 合格 女子

 私は今、受験が終わり自分の志望していた高校に合格することができ、とてもうれしい気持ちで一杯です。私は、中学三年生の半ばになってもはっきりとした進路が決まってなくて、夏休みも目標がないまま、勉強もせず成績も下がり続けていました。SAGA テストでも今まで取ったことがない点数を取ってしまとてもあせりました。三年生の後半ぐらいに「致遠館に行って深く学びたい」と思い勉強し始めましたが夏に周りとついた差は大きく思う通りに成績が伸びらずとても苦しかったです。
 でもそんな時に九進の先生がたくさんのはげましの言葉を掛けてくださったので、最後まであきらめずに突き進むことができました。正月特訓などつらいこともたくさんあったけど、九進で学ぶことができたので合格することができたのだと思います。


何事にも楽しく取り組む

普通科 合格 女子

 私は中学校3 年生の夏に入塾しました。その時は志望校に全く点数が届いておらず、模擬の判定はいつもD 判定で志望校の致遠館もすでにあきらめていました。
 しかし、九大進学ゼミに入塾してから徐々に勉強に対する意欲が湧き、必死に勉強に取り組むことができました。そして入塾してからまだ2 回目の模擬でB 判定まで上げることが出来ました。これほど上がったのはただ勉強をすることだけでなく、楽しく学ぶということがあったからだと思います。目標を持ち、楽しく意欲的に取り組むことが何事においても大切だと思います。ですから、高校でも楽しさを忘れずに勉強や行事に取り組んでいきたいと思います。


日々の宿題が、私のやる気スイッチ

普通科 合格 女子

 「勉強しなきゃいけないなあ。」と思っていても、気分が乗らないとできませんでした。私はそんな時、日々の宿題を解くようにしていました。解いていると、気づいたらやる気スイッチが押されています。最初は間違いばかりでも、だんだんと正答率があがってくるのがちょっとした楽しみになりました。
 受験が間近になっても、自覚が持てずにいましたが、日々の宿題を毎日コツコツと続けたおかげで力がつき、第一志望の高校に合格することができました。合格して初めてうれしさを感じました。高校でも、毎日コツコツと努力し、大学に進学して、自分のやりたいことができるように頑張ろうと思います。


受験を終えて

理数科 合格 男子

  私は、小学校6 年生の時に塾に入りました。そのころの勉強はただなんとなくしているという感じで勉強をしていました。しかし中学生となり勉強と部活動を両立するとなるととても大変でテストの成績や部活動の大会ではあまり良い成績を残すことが出来ませんでした。
 そして中学3 年生の時進路を考えると自分の学力で行ける高校が無いと気づき勉強をしっかりしないといけないと思い毎日の勉強時間を増やしテストなどで間違えた自分の弱点を少しずつ減らすようにしました。そのおかげでテストでは良い成績を取ることが出来るようになり、進路を増やすことが出来るようになり、高校にも合格することが出来ました。私は九進で勉強を頑張ることが出来た家族や九進の先生に感謝して高校でも頑張ろうと思います。


受験を通じて学んだこと

理数科 合格 男子

 私は、3年生の1学期まで部活や遊びに時間を使って家庭学習をしたことがありませんでした。  しかし、中学校最後の夏休みに友達に誘われて、塾に通い始めました。九大では日々宿があり、毎日の学習を充実させることができ、勉強の習慣が身に付きました。そのことや、九大の先生の熱い指導のおかげで、致遠館高等学校の理数科に合格することが出来ました。
 中学校で重要だと思うことは、部活動と遊びと学習のバランスです。部活動に熱くなっても、一日で必要最低限の勉強を確保することはできると思います。受験を早めに意識して勉強をすることで3年生になってから苦しまなくて済むと思います。