受験体験記
大分西高校・大分雄城台高校・大分南高校
Home > 受験体験記 > 大分地区【大分西高校・大分雄城台高校・大分南高校】
周りの人の大切さ

大分西高校 総合学科 合格 男子

 私は小学生の時に九大進学ゼミに入塾しました。そのため、中学生になってはじめてのテストは良い結果を出すことができました。しかし、それ以降勉強する事に対する意欲は段々なくなっていきました。そんな私も3年生へと進級し、受験生としての日々が始まりましたが、私は周りの人よりも受験勉強を始めるのが遅く、つらくなった時期もありました。そんな時、相談に乗ってくれたのが塾の先生でした。あの時相談相手がいなければ私は頑張ることはできなかったかもしれません。
 そういう事を通して、私は自分を信じて努力し続ける大切さと、周りの人からの支えの大切さを改めて感じる事ができました。これから、つらい事や苦しい事があっても自分を信じて「常勝志向」で頑張っていってください。


あきらめるな!

大分雄城台高校 普通科 合格 女子

 私は小学4年生の時に九大進学ゼミに入塾しました。中学生になって、部活が始まり、私は部活の方にしか気がいかず、勉強に力を入れることができませんでした。なので、本格的にやり始めたのは3年の夏からでした。実は、最初は豊府高校を目指していました。点数が全然届いていなかったので一生懸命勉強しました。しかし、点数は上がりませんでした。
 そんな私を助けてくれたのが、日々宿と過去問でした。日々宿は、分からないところを親や先生などに聞き、分かるまで解き続けました。そして、過去問で実践練習をしました。これを続けることで、40 点くらい点数を上げることができました。点数が上がったのは、最後の2ヶ月間くらいでした。なので、最後まであきらめず、自分を信じて頑張って下さい。応援しています。


努力の大切さ

大分雄城台高校 普通科 合格 男子

 僕は中学1年生のころに九大進学ゼミに入塾しました。はじめのほうは、塾に行っているから勉強しなくていいと思っていたせいで、そのころのテストは全然点がとれませんでした。
 僕が本格的に受験勉強を始めたのは、中学3年生の夏からです。はじめのころはいい結果がでず、苦しい思いをしました。でも努力し続けたら、冬には、志望校A 判定をとれるようになりました。  僕は内申点が高くなかったので、A 判定をとっていても自信をもって入試にのぞむことができなかったので、内申を意識しながら入試に向けて頑張ってください。


日々宿はすばらしい

大分南高校 普通科 合格 女子

 私は、3年生の1学期まで部活で習い事、生徒会執行部をしていて、勉強の時間をうまく確保することができませんでした。入試が近づくにつれて勉強一本で取り組んでいったけど、分からない所がたくさんあってり、覚えがないところもあり、焦ったときが何回かありました。そんな私を助けたのが日々宿です。私は、苦手な教科だけを勉強して、何回も覚えてテストするという繰り返しをしていきました。すると、今までの点数よりも10 点以上あげることができたのでよかったです。
 私は日々宿をすることをオススメします。実際、日々宿でした問題がそのまま入試にでたのでお得だと思います。また、入試が近づいたら、理科と社会を勉強した方がいいです。理科と社会を覚えてたくさん点を稼ぐといいと思います。頑張って下さい。