受験体験記
西陵高校
Home > 受験体験記 > 長崎地区【西陵高校】
ありがとうございました。

普通科 合格 女子

 私が第一志望に合格できたのは、九進の先生方のおかげです。私は吹奏楽部に入っており、秋まで部活がありました。部活漬けの日々で、勉強も十分に出来ていませんでした。夏期講座中も毎日のように部活がありました。そのため、秋には夏に伸びた人との差が大きくなり、とても不安でした。
 やっと部活が終わり、受験勉強を本気でやり始めたものの、点数が伸びない上、他の人たちとの差も大きく、あきらめてしまいそうになったこともありました。しかし、先生は私を最後まで信じてくださいました。私は九進の先生と共にがんばることができました。
 どんなに苦しく、辛い時でも私には応援してくださった先生方、家族がいました。九大進学ゼミに通うことができて本当に幸せでした。ありがとうございました。


受験に勝って

普通科 合格 女子

 私は、ずっと勉強の正しいやり方がわかりませんでした。そして中学三年生になり受験が近づき入ったのが九大進学ゼミでした。数学は1年生でつまずき基礎もわからないという状態でしたが、毎日コツコツと日々の宿題をこなすことでみるみる力がつきました。
 また、定期的に行われる模試では自分が今どれくらいの実力でどこがわからないのか明確にわかり今後の学習につなげることができました。そのおかげで結果も上がったので、勉強のモチベーションも高く保ち続けることができました。
 ですが、どうしても心が折れそうになるときもありました。そんなときは周りにいる先生や友達を見て、私だけがきついんじゃないと思えば頑張れました。本当にたくさんの人に支えられて勝ちとった合格だと感じています。


日々の習慣

普通科 合格 女子

 私は中学2年生の春、母の勧めにより九進に入塾しました。始めは塾に慣れていなかったこともあり、日々宿に驚きました。しかしこの日々宿のおかげで毎日勉強をする習慣がつきました。日々宿は今までの復習がでるという利点があり、現時点で自分がどこを理解できていないのかを把握することもできました。わからないところを先生方に質問し解決してきました。入塾する前よりもぐんぐん成績が上がっていき、とても嬉しかったです。受験前日、先生方に応援メッセージをもらいました。初めての入試で緊張していましたが勇気をもらうことができました。合格発表の日自分の番号を見つけた時は本当に嬉しかったです。今まで頑張ってきた自分をほめ、丁寧に質問に答えてくれた先生方に感謝したいです。


英語の勉強

普通科 合格 男子

 僕は、中学校一年生の時から塾に通い始めました。授業は小学生の頃よりも難しくなって、ついていけるかどうか心配な教科も多くありました。特に英語は中1の1学期までは、点数を取ることができていましたが、だんだん分からなくなってきました。九大進学ゼミでは、文法などを確認した後に何度も問題を解くことで頭の中に内容が入りやすかったです。また、3年生の時にもらった「パーフェクトイングリッシュ」には3年間で学習した英単語、英文などがまとめてあり、復習を短い期間ですることができました。そして九進の先生方の支えもあって入試前には合格ラインを大きく超えることができ、志望校に合格することができました。これからも次の大学進学に向けて頑張っていきたいと思います。