受験体験記
長崎南高校
Home > 受験体験記 > 長崎地区【長崎南高校】
望む結果を得るために

普通科 合格 男子

 私は小学校6年生の始めから塾に通い始めました。中学生になってからは授業形式になりました。基本的に塾では学校でしていることより先のことをするので、塾で予習、学校で復習という形になっていました。
 学校や塾でも、授業が進むにつれて、応用が増えてくると思います。そのときに、基礎や基本がしっかりしてないと、解く以前に、理解できなくなってしまいます。その対策として、九進には日々宿があります。日々宿では主に基礎の確認になっています。なので、毎日することで、自然と基本が身につき、いろんな問題に対応できるようになると思います。
 面倒だと思っても、過程が無くては、結果がでることはありません。とにかく、やれることをやっていきましょう。


あきらめずに頑張れたこと

普通科 合格 男子

 私は中学に入学すると同時に両親の勧めで九大進学ゼミに入塾しました。学校の授業だけではなかなか理解できず、家庭学習のやり方もわからなかったので九大進学ゼミでの学習は私にとって自信と力になりました。3年になってからは塾じゃない日にも塾へ行き自習させてもらい仲間と一緒に目標に向かって頑張りました。部活や習い事で学校の宿題や日々宿ができず、苦しい時期もありましたが先生方が私のことをあきらめず熱心に指導してくださったおかげで、合格ラインに届いていなかった私も目標だった南高に合格することができました。九大進学ゼミで学んだあきらめない気持ちと日々の学習の大切さを忘れずこれからも頑張って行きたいと思います。先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。