長崎県立長崎北陽台高校

感謝の心も忘れないで

2018年中学部修了 女子

 私は受験を通して改めて、たくさんの方に支えていただいているということを感じました。塾の日に送り迎えをしてくれた母、親身になって指導してくださった先生、同じ目標 に向かって高め合った仲間、他にもたくさんの人々の存在があったからこそ、私は今まで頑張ってこれたと思います。合格を伝えた時に、塾長が私より喜んでくれているんじゃない かと思うほど嬉しそうにしている姿を見て「頑張ってきて本当によかった」と思いました。私は夏期講座は部活でほとんど皆と授業を受けることはできませんでした。ですが、毎日 居残りをしたり、わからない部分は質問したり、その時にできる精一杯をしました。
 勉強は大変できついですが、自分の努力に自信をもち、最後まであきらめないでください。そして感謝の心も忘れないでください。


100%を出し切り、北陽台に合格

2018年中学部修了 女子

 私は小学6年生から九大進学ゼミに通っていました。塾に入った当時から私は北陽台を志望していました。しかし、中学3年生になり、周りの人が本格的に勉強を始め、学校内で の順位が下がりだしました。その時は北陽台は無理かもしれないと思いました。そんな中、夏期講習が始まり、日々宿の量も2倍くらいになりました。最初はきつかったけど慣れる と速くできるようになり、成績も伸びていきました。そして北陽台を受けました。
 受験当日は、これまで努力したから大丈夫と思いあまり緊張しませんでした。そのおかげで100%を出し切り、北陽台に合格できました。私が合格できたのは九大の先生方、塾 の仲間、家族など様々な人のおかげです。
 これから受験勉強はとてもきついと思いますが周りの人と支え合い頑張ってください。


合格は努力をした人に

2018年中学部修了 男子

 僕は、中学3年生の春期講座から九大進学ゼミに通い始めました。最初は、伸び悩んでいた成績が上がればいいなと思うだけで、あまり勉強に対しての意識は高くありませんでし た。そんな風にして1学期が過ぎたので、当然1番最初の模試はD判定でした。しかし、夏休みに自分の意識を変える大きな出来事がありました。それが合宿です。初めての本格的 な勉強合宿で、不安な気持ちもあったけれど、終わった時の達成感は素晴らしいもので、それ以来、勉強に真面目に取り組むようになりました。特に頑張ったのは日々宿の徹底です。 毎日コツコツとした積み重ねのおかげで、成績は向上していき、模試でもA判定をとることができました。合格は努力をした人に必ずついてきます。なので最後まで諦めず夢のため に、困難を乗りこえましょう。


九進に出会えて良かった!

2018年中学部修了 男子

 僕は、2年生になる前の春期講座から九大進学ゼミに通い始めました。1年生の頃から、「長崎五校には入学したい!」とは考えていましたが、思うように成績が伸びず、家の近く にできた九大進学ゼミの体験に参加することにしました。予想以上に分かりやすく、楽しめる塾で、それからも通うようにすると、2年生初めの期末テストでは、1年生の頃より 100点以上も点数が上がり、順位も大幅によくなりました。「ここまで変わるものか」と驚きました。それから2年間通い続け、夏期合宿、正月特訓、日々宿など、キツいこともあ りましたが、最後まで自分と先生方を信じ、北陽台合格を勝ち取ることができました。
 自分をこんなに成長させてくれ、最後まで支えてくれた九進、先生方には本当に感謝しています。九進に出会えて良かった!


量と質を大切にして勉強

2018年中学部修了 男子

 僕は、高校に合格するために勉強時間を作ることを意識しました。僕はバスケの選抜チームに参加させて頂いたので、塾に来れない分自分で勉強時間をつくることは大切だったと 思います。僕は、放課後に九大進学ゼミの自習教室をよく利用しました。とても集中できたので、家で勉強するより効果があったと思います。また、分からない問題を質問すること ができるのもいいと思います。九進は、日々宿が毎日あって大変でした。でもそのおかげで、他の塾の受験生よりも解いてきた問題は圧倒的に多いはずです。あとはその解いてきた 問題が自分のものになっているかです。例えば、漢字を間違えて覚えたりしていたり、分からない問題をそのままにしていると本番でも解けません。ぜひ、量と質を大切にして勉強 を頑張ってください。


次は君の番だ!

2018年中学部修了 男子

 「よーい!始め。」一斉に紙をめくる音が受験会場に響きわたった。最初は国語だった。僕は問題を見て目を疑った古文が塾で一度解いたことがあるものだった。もちろん難なく解 け、笑いがこみ上げてくるほどだった。次の英語は問題の傾向が大きく変わっていた。しかし、僕は戸惑いながらも何とか解けた。それは、塾の講師である松本先生が問題文を読む 秘策を教えてくださったからであった。社会、数学、理科も大学入試改革の影響により、全体的に問題文が増加していた。しかし、九大進学ゼミでは、入試と似ている5教科分の模試 を公立入試と同じ順番で解くのを何度も何度も解くため、本番もリズムができており、緊張という敵がいなくなるのだ。そして久村塾長もユーモアがあり、勉強が楽しくなるため苦 ではなくなる。次は君の番だ!