受験体験記
長崎北陽台高校
Home > 受験体験記 > 長崎地区【長崎北陽台高校】
自分の気持ち次第

理数科 合格 男子

 私は三年生の夏休み、とりあえず北陽台に受かり、あわよくば理数科という軽い気持ちで日々を過ごしていました。しかし、二学期になり、自分の中の何かが変わり、「何としても理数科に受かりたい。」という気持ちが芽生えました。
 私は受験勉強に困ることが少なかったです。塾で出される日々宿で基礎的な知識を確認し、入試の過去問を解いて、実力をつけることができました。
 受験勉強において一番大切なことは、何か特別な勉強をしたり、一日に十数時間も勉強したりするのではなく、自分の気持ちを受験や目標に合わせることだと思います。自分の中で、少しでも変われるかもしれないと思う瞬間があれば、必ず実行に移すべきです。


合格を支えてくれた場所

理数科 合格 男子

 私は、中学校1年の春期講座から、3年間通っていました。中学校の授業は、小学校とはまったく違っていて、テスト前の復習はかかせません。そんな、中学のことについてまったく分からなかった私たちに、よくでる所や、勉強の仕方、学校での生活の仕方を教えていただきました。中学1年生から、色々なことを学んだおかげで第一志望校に合格することができました。私は、この塾なしでは、絶対に合格することは、できなかったと思います。九大進学ゼミの先生方は、勉強の分からない所なども、質問すると教えてくださり、勉強だけではなく、親などの色々な人に感謝することも教えていただきました。九大進学ゼミの先生方は、色々なことを教えていただき、いい先生が多く、そういった環境で勉強することができて良かったです。


受験勉強で学んだこと

普通科 合格 女子

 私は夏休みに自分が受験生だということを本格的に自覚し始めました。
 勉強合宿では長い時間、授業を受けてとても疲れました。また私のクラスには頭がいい人ばかりで授業についていけずとても悔しかったです。ですが勉強合宿に参加したことで自信がつき、一緒に授業を受けた人たちに負けないくらい知識を増やすという大きな目標ができました。
 また、毎日取り組んだ日々宿は知識を整理できたり重要な語句を覚えられたりとても受験勉強に役立ちました。
 私は最終的にすいせん入試で高校を決めましたが、たくさんの先生方や友達のおかげで最後まで受験勉強をやり遂げられたと思います。高校生になっても感謝の気持ちを忘れずにがんばりたいです。


高校受験を終えて

普通科 合格 男子

 私は、海星高校と長崎北陽台高等学校を受験し、みごとどちらも合格することができました。私が合格を勝ち取ることができたのは、学校の先生や友達、家族の支えがあってこそであり、なによりここ、九進の先生方のおかげです。日々の授業や宿題のチェック、夏の合宿など私の合格に九進はかかせないものでした。私は中学校二年の夏まで勉強を全くしていませんでした。学校のテストも三百点いけば良い方、しかし、塾に入ったことをきっかけに勉強にも熱が入り、テストでも4百五十点をとれるほどに成長できました。
 勉強するきっかけをあたえ、勉強のしかたを教えてくれた九進には感謝の気持ちでいっぱいです。私はやらなくて後悔することが多かったので、高校受験で後悔を残すことがなかったので良かったです。


受験を通して学んだこと

普通科 合格 女子

 私が一番苦労したことは、傾斜配点になる数学と英語の克服です。私は夏休みの時点で数学と英語の偏差値は60を越えていませんでした。このままでは志望校に合格できないと思いプログレスの問題をたくさん解き、解ける問題を増やしていきました。そうしていくうちにだんだん英文も速く読めるようになり、苦手だった数学も解ける問題が増えていきました。  また、私が一番徹底してきたことは基本です。日々宿で間違えた問題はメモ帳に書き、すぐに確認できるようにしていました。毎日勉強勉強と言われるのはきつくてやめたくなることも多かったですが、私は受験を通して、継続することの大切さを学ぶことができました。


初めての受験を通して身についた力

普通科 合格 女子

 私は推せんで合格しました。もちろん嬉しかったのですが、今まで勉強したことが無駄になってしまったようでした。ですが、塾に行き続けることで、高校の役に立つかもと思うことができるようになりました。塾に入ったばかりの夏休みは何から始めてよいか分かりませんでしたが、日々宿や、特訓があったおかげで、毎日勉強するという習慣をつけることができ、自分自身でもうれしく思っています。数学の応用問題が大の苦手でした。しかし、塾でもらったテキストを毎日少しずつ解くことを続けて、以前よりはましになったと思います。分からなかった問題は、必ず先生に解説をお願いするようにしました。同じ問題を何度もくり返し解いて、考え方を完璧にできるようにしてきました。毎日の勉強の習慣がついて本当に良かったです。


偏差値42からの努力

普通科 合格 女子

 私は小学校卒業後に九大進学ゼミに通い始めました。中学1年生の時は偏差値が42でした。このようなとて悪い結果でも何とかなるだろうと思っていました。しかし、中学3年生の10月の模試でD判定を取ってしまい、もっと本気で勉強しなけらばならないと思いました。
 日々宿を丁寧にすることにより、計算ミスや漢字の書き間違いを減らすことができました。すると成績が一気に上がり、偏差値は61まで上がりました。また分からない所はすぐ先生に聞き、自習にも多く行きました。自分を支えてくれた親や先生方の応援のおかげでモチベーションを下げることなく受験することができました。自分を信じて、やることをやれば結果は必ずついていきます。いろんな方への感謝の心を持って頑張ってください!


私の努力

普通科 合格 女子

 私は、中1になる春から入塾しました。時には勉強が嫌になることがありました。しかし、中3になり受験生となったことで、周りの人の頑張る姿を見てやらなければいけないと気をひきしめ努力をし始めました。最初は大変だった日々宿もやっていくうちに自分の習慣となり、解けなかった問題は先生に質問して解決していきました。すると、きつい勉強ではなく、自分の将来のために勉強するようになりました。
 そして迎えた入試当日。緊張し、胸が張り裂けそうになりました。しかし、気持ちを強く持ち臨みました。試験では今まで自分の分からなかった単元などが出てきて、それを見て、日々宿や家庭学習にしっかり取り組んで良かったと思いました。みなさんも努力を重ねてみてください。


合格への道のり

普通科 合格 男子

 僕は、1年生の春期講座から九進に通いはじめました。中学校では、小学校と授業のペースが違い九進に通っていたからこそ中学校での授業の内容を理解しついていくことができました。さらに日々宿などのおかげで復習もしっかり行うことができ、テスト前にはSPTをがんばりました。また、普段の授業でもテストによく出るところをたくさん教えてもらいました。
 3年生では、勉強合宿や100トレなどで今まで身につけた学力をさらに完璧にし、冬期では各教科のプログレスをたくさんしたおかげで第一志望の高校に合格することができました。
 この3年間九進に通い続けたおかげで、あきらめることなくがんばれたと思いました。


受験生活

普通科 合格 女子

 私は中学1年生の夏から九大進学ゼミに入りました。最初は「受験」という意識がなく日々宿やテスト前のSPTもとてもきつかったです。確認テストも多くて、嫌になることもありました。しかし、3年生になると自分が受験生であることに自覚を持ち始め、焦りと不安を感じるようになりました。それを乗り越えるためには勉強するしか方法はないと思い、頑張りました。夏から増えた日々宿も毎日やると、苦しさがなくなり、勉強する習慣をつけられたと思います。また、授業でのテストや模試の結果が良かった時には、勉強することのやりがいを感じました。塾の仲間と切磋琢磨することで最後まで勉強し続けることができました。
 努力は必ず実ります。自分を信じて諦めずに頑張ってください。応援しています。