長崎県立長崎東高校

やる気スイッチ

2018年中学部修了 女子

 私は東高に合格することだけを考えて今まで勉強してきました。時には勉強したくなくなった時期もありましたが、模試の結果が返ってくる度にやる気スイッチが入りました。受 験が近づくにつれ不安や焦りが増えていき、何をしていいか分からなくなった時も塾でもらったプリントや日々宿を丁寧に解いていきました。当日は、実力を発揮できたかは分かり ませんが、今までたくさん勉強していたのであまり緊張せずに受けることができました。そして合格できたのも、九進の先生のおかげだと思います。毎日勉強するのは本当に大変な ことですが、合格だと分かった時には今までがんばっていて良かったと心から思うことができます。だから、最後まであきらめずに目標に向かって努力し続けてください。応援して います。


私にとって大きな旅

2018年中学部修了 女子

 私は、中学校1年生の春休みから九大進学ゼミに入りました。しばらくは、日々宿と単語練習のペースになれることができずに、部活動との両立が大変でした。しかし、今となっ ては「日々宿」を3年間続けてきて、本当によかったと思います。
 私が志望校を東高にしたのは、3年の夏頃です。それまでは、「東高」という進路は考えてもいませんでした。しかし、塾の五校説明会や、オープンスクールで、東高に興味がわき ました。東高は友達も少なく場所も遠いけど、これからの3年間は私にとって大きな旅となると思います。
 受験の時、私の周りにはたくさんの一緒にがんばる仲間、支えてくださる塾や学校の先生、そして応援してくれる家族がいました。私は、感謝いっぱいの受験を体験しました。


家族、塾の先生、友達の支え

2018年中学部修了 女子

 私は、九月まで部活があり、受験勉強が周りのみんなよりもかなり遅いスタートでした。最初は成績も思うように伸びず、模試の判定も良くありませんでした。その時は、周りの みんなとの差を感じ、とても悔しかったです。しかし、このままではいけないと思い、その悔しさをバネに必死に勉強しました。冬期講座のあたりでやっと成績が伸び始めたときは、 本当に嬉しかったのを覚えています。
 また、私が合格できたのは、家族、塾の先生、友達の支えのおかげだと思います。特に家から遠い東高への受験を許してくれて、塾に通わせてくれた両親には本当に感謝したいで す。
 受験勉強は長時間だし、きついこともたくさんあるけど、自分をいろいろな面で強くしてくれたので頑張って良かったなと思います。