受験体験記
第一高校
Home > 受験体験記 > 熊本地区【第一高校】
志望校合格までの道のり

普通科 合格 女子

 私は、九大進学ゼミに3年生の夏休みの夏期講座から通い始めました。塾に入るまでは勉強のやり方が分からず勉強を全くといっていいほどやっていませんでした。ですが夏期講座では年号の暗記や100 トレなどがあり1、2年の復習を行うことができました。それだけでなく塾の先生の指導が分かりやすく学校の授業の予習も同時に進めることができました。そのおかげで塾に通い始めてからの学校の成績は右肩上がりで学校内の順位で10 位をとることもできました。
 私がここまで成績を上げ、第一高校に合格できたのは本当に九大進学ゼミのおかげです。九大進学ゼミの先生方をはじめとする私の周りで支えてくれた方々に感謝し高校でも精一杯頑張っていきたいと思います。


私の中学校生活

普通科 合格 女子

 私は今日、第1志望の学校に合格しました。努力が実ったのかと思うととても嬉しいです。1年生の頃には、受かった高校を受けるなんて想像もできませんでした。成績が悪かったです。しかし、勉強すればするほど成績はあがりました。もちろん、勉強しても上がらなかったりすることもあります。そんな時には継続することが大切です。自分でやると決めたことは限界がくるまで継続して下さい。結果が出ます。
 でも、そこで注意してほしいことがあります。自分を追い込みすぎないことです。追い込みすぎると自信をなくして勉強する気力がなくなることがありました。趣味で好きなことを見つけて、その時間も作ってほしいです。納得のいく未来をつくって、幸せになって下さい!


充実した中学3年間

普通科 合格 女子

 私は小6の頃から九進に通い始めました。友達もおらず、不安な中でのスタートでした。しかし中学生になり、友達が入塾してきたことでとても楽しく授業を受けることができました。日々宿はためてしまうこともあり、きついものでしたが、今となっては自分のためだったと気付きました。夏期合宿では、他中学との学力の差を感じ自分が努力するきっかけとなりました。九進の先生方は勉強はもちろん、合格するための行動や言動も教えてくださり心強い存在でした。
 そして合格発表の日、自分の受験番号を見つけたときは喜びと達成感を感じるとともに頑張ってきてよかったと思いました。今まで支えてくださった先生方や保護者、共に競い励まし合った友達に感謝の気持ちでいっぱいです。受験生のみなさんも頑張って下さい。


努力は必ず報われる!感謝を忘れない!

普通科 合格 女子

 私は第一高校に合格することができました。でも、それは自分の力だけで達成できたわけではありません。毎日のように送迎してくれた両親、一生懸命勉強を教えてくださった先生方、たくさんつらいことを一緒に乗り越えて励まし合った友達などのたくさんの支えがあったからこその合格だと私は思います。だから私はたくさんの方々に感謝しています。私はこの1年間、毎日ポジティブでいることを大切にしてきました。これは塾長の教えです。どんなにつらい逆境がおとずれても大丈夫です。その逆境ををのりこうえようとする気持ちが大切です。逆境をのりこえた先には必ず結果が待っています。
 今まさに受験生であるみなさん。今は、つらい時期かもしれませんが、頑張ってきた日々は絶対に裏切りません。努力を続ければ必ず報われます。頑張ってください。


あこがれの高校に合格!!

普通科 合格 女子

 はっきりと自分の行きたい高校が決まったのは9月頃でした。それまでは2つの高校で迷っていたけど、私の先輩が第一高校の制服を着ている姿を見て、第一高校にあこがれました。受験生を1年間経験して「勝負をかけるとしたら夏しかない」と感じました。私も実際に共通プレテストでは118 点しかとることができませんでした。夏休みの遊びを勉強に削り、本番の共通では174点をとることができました。
 「夏休みにがんばりきれなくても冬休みにがんばればいい」という考えをお持ちの方もいるかもしれませんが、それはあてにしない方がいいと思います。夏休みをすぎてからはびっくりするほど時間がありませんでした。みなさんも大変なことがたくさんあると思いますががんばってください。