受験体験記
熊本高校
Home > 受験体験記 > 熊本地区【熊本高校】
高校受験までを振り返ってみて

普通科 合格 男子

 私が受験で合格したことを通して大切だと思うこと、後悔したことなど様々なことを考えました。大切なこととして一番最初に出てくることは、本番で緊張しないことです。そして、緊張しないために必要なこと、それは毎日の勉強を継続して行い、自分は絶対に大丈夫であるという自信を持つことだという結論にたどりつきました。  後悔したことは、勉強に力を入れるのが遅かったこと、そしてスマホやタブレットを手放すのが遅かったことです。受験は来年だからとか、まだ余裕とか思っているとすぐに受験の日が来ます。だから、早めに力を入れるべきです。そして、スマホやタブレットは、勉強しようとする気持ちをなくさせるので、我慢したほうがいいです。


合格までの道のり

普通科 合格 女子

 今まで九大進学ゼミに通ったおかげで、今合格を手にできています。しかし、決して簡単な道のりでありませんでした。学校の成績が伸び悩み落ち込んだり、他の塾に通うクラスメイトが休み時間に塾の勉強をするのを見て焦ってしまう事もありました。でも私は九大進学ゼミの先生を信じて勉強をしました。
 生活面では、塾の前に入浴と食事を済ませてできる限り睡眠をとる。学習面では日々宿を解き、間違えた問題を復習。分からなかった問題は再度復習。私は受験間際は何をすべきか分からなくなりましたが日々の塾で間違った所の発見は宝だと思い丁寧にやり直しました。お陰で塾でやった事を自分のものに出来たと思っています。最後まで熱心に教えて下さった先生方、本当にありがとうございました。


沢山の失敗を乗り越えて

普通科 合格 男子

 僕はこの高校受験の勉強において沢山の失敗を重ねました。2度の共通テストではどちらもボーダーに届かず、模試でも思うような結果を出せず、時に自暴自棄になったりしました。そんな中でも最終的に第一志望校に合格できたのは諦めずに基礎から応用まで地道に続けたからだと思います。どうせ駄目だと思いつつも淡い希望を元に何とか勉強を続けられたのは今となってはよくやってたなと度々思います。
 そして不調が続く中応援の言葉をかけ支えてくれた友達、家族、先生方には本当に感謝しています。あの支えがなかったらきっと途中で折れていたと思います。そういう意味では僕一人の受験ではなかったので、期待に応えられた形で合格したので本当によかったです。