受験体験記
久留米高専
Home > 受験体験記 > 国立高専【久留米高専】
九進最高!!

機械工学科 合格 男子

 僕が久留米高専を無事合格できたのは、九大進学ゼミの先生方のサポートがあったからだと思います。
 僕が受験勉強の中で継続していたことは日々宿をしっかりしたことです。日々宿の問題は基本的な問題が多く、自分がどれくらい覚えているのかを確かめるのに便利でした。そして、分からない問題は先生に聞いて勉強したことで僕が合格できたのだと思います。毎月学力診断テストがあったこともありがたかったです。学力診断テストが毎月あることで今自分が何を勉強するべきか把握することができ、自分の苦手な単元をつぶしていくことができました。
 僕が合格できたのは、すべて九大進学ゼミのおかげです。本当にありがとうございました。


九大進学ゼミで学んだこと

制御情報工学科 合格 男子

 僕が九大進学ゼミに入ったのは中学 2 年生からでした。1 年生の頃は勉強の方法が分からず、塾でちゃんと勉強できるか不安でしたが、勉強うの仕方を教わり、テストでいい点が取れるようになりました。成績が上がり始めた頃は九商に行ければいいなと思っていましたが、3 年生になり久留米高専で A 判定が取れたので、久留米高専に合格できると思っていました。
 しかし、現実は甘くありませんでした。3 年の 7 月学診でテストが急に難しくなり、D 判定になりました。さらに、高専の問題は学診より難しいと知り、久留米高専を諦めようとしました。でも、塾の先生の支えや指導により、最後まで成績を伸ばすことができ、久留米高専に合格することができました。九大進学ゼミで勉強や人間力を学んだため合格できたのだと思います。


がんばったこと

機械工学科 合格 男子

 私がこの受験勉強でがんばってきたことは、日々宿でした。私は野球のクラブチームに入っていて、塾に入るまでは勉強のしかたが分からず成績が思うように上がりませんでした。しかし、この塾に入り日々宿をし始めると成績がぐんぐん上がっていきました。その結果第一志望校の久留米高専専門学校に合格することができました。
 また私ががんばってきたことは、先生の話をよく聞きすぐに実行することです。例えば社会の年号の暗記で、あまりおぼえることができなかった時に、年号のごろ合わせを先生に教えてもらったおがけで、すぐに覚えることができました。私は以上のようなことを特にがんばったことで、第一志望校に合格することができました。


受験は団体戦

物理応用化学科 合格 女子

 私は、部活をやめ勉強に専念しようと思い、九大進学ゼミに入塾しました。すると、自分の分からない分野が目に見えてくるようになり、自分のやるべき勉強法を見つけることができました。 さらに、先生方が親しみやすく、人見知りの私でも分からない所をどんどん質問することができました。また、おそくまで残り丁寧に教えて下さったこともありました。
 このような環境だったからこそ志望校に合格することができたと思います。最初はあきらめようとしていましたが、周りのたくさんの人に助けられここまで頑張ることができました。本当に九大進学ゼミに入塾して良かったです。そして、この塾を紹介してくれた友人にも感謝しています。