受験体験記
北筑高校・八幡中央高校・九州国際大学付属高校
Home > 受験体験記 > 北九州地区【北筑高校・八幡中央高校・九州国際大学付属高校】
努力を重ねて勝ち取った合格

北筑高校 英語科 合格 女子

 私は中学 3 年生の時に、友達にすすめられて入塾しました。入塾した当初の学力診断テストの点数はあまりよくなく、第一志望校の判定も D 判定でした。とても悔しい気持ちでいっぱいでしたが、志望校に合格したいと強く思うようになるきっかけにもなりました。そして、毎日の宿題や実践問題集、自宅学習に懸命に取り組むようになり、だんだんと点数も上げていくことができました。また、九進の先生方は分からないところを最後まで丁寧に教えてくださったり、得点アップにつながる授業を熱心にして下さいました。毎日の勉強はとても辛く何回も挫折しそうになったけれどたくさんの努力を積み重ねて第一志望である北筑高校に合格することができました。たくさんのアドバイスをくださった先生方には、本当に感謝していましす。


次の世代へと繋ぐメッセージ

八幡中央高校 普通科 合格 男子

  私は、1 年の 1 学期中間テストの後から入塾しました。私自身、成績があまりよくなくて自分に自信が持てず、「自分に公立高校なんて無理だ。」と思っている時期がありました。そんな時、私を公立高校の合格へと導いてくれたのは、塾の先生方の「自信を持て。」という言葉でした。その言葉があったからこそ私は、勉強を頑張ることができたのです。過去問を解いていくと、「これは自分には無理だな。」という問題も先生のご教授だけではなく、先生方の言葉から学んだ「自分に自信を持つ」ということがあったからこそ、過去問を解けるようになり、無事に公立高校の合格ができたのです。だから、次の受験生の皆さん、勉強に行き詰まったり、挫折を味わったりすることもあると思います。ですが、自分を信じ、志望校へ道を歩んでください。


夢の実現のための決断

九州国際大学付属高校 合格 女子

 私は、小4の夏期講座から入塾し、塾で学習していく中で、より自分の実力を高めたいと思うようになり、中学受験をし、中間一貫校へ進学しました。そして中3になり、本来なら、そのまま高校へ進学するのですが、小学生のときからの医者になりたいという夢の実現に少しでも近づきたいと思い、レベルの高い高校を受験することを決めました。
 受験勉強をする中で、毎月の判定の出る実力テストであまり結果が伸びなかったり、過去問で解けない問題が多くあって不安に襲われることもありました。でも、塾に行くと自分と同じように受験生としてがんばっている仲間がいて、たくさん刺激をもらいました。
 目指していたクラスには合格できませんでしたが、目標の大学に合格することがゴールだと思うので、日々努力していきたいです。