受験体験記
八幡高校
Home > 受験体験記 > 北九州地区【八幡高校】
志望校への近道

理数科 合格 男子

 僕は中学校 3 年生の夏期講座から、九大進学ゼミに通い始めました。塾に通い始めたころは、勉強よりも部活に一生懸命に取り組む毎日でした。部活が終わっても文化祭やクラスマッチなど多くの行事があり、なかなか勉強が出来ませんでした。でも、毎日コツコツと日々の宿題をしていたので勉強がわからなくなることもなかったです。また、1、2 年生の復習もでき、基礎知識をつけることができました。受験の日が近づくにつれて本当に受かるかなどの心配事もあったけど、日々の宿題やプログレスなどで自分の苦手な問題を無くすことができ、とても自信になりました。今はまだ受験モードに入っていない人もいると思うけど、日々の宿題やプログレスを 1 日 1 時間でもすることが近道だと思います。志望校に合格できるように頑張ってください。


日々宿の大切さに気づいた

理数科 合格 男子

 僕は中学 2 年生のときに、九大進学ゼミに入りました。塾に行くまでは、勉強することがめんどくさいと思っていたけれど、塾に入って学校の授業が分かるようになり、勉強が楽しくなりました。
 僕が大切だと思うことは「日々の宿題」です。数学の基礎練習をしていると、定期テストでのミスがなくなりました。また、日々の宿題は家でやるので、家庭学習の習慣がつきました。家庭学習をするようになると、成績がどんどん上がっていき、高いレベルの高校をめざしていくようになりました。
 塾は学校とは別に宿題がでるため、部活をしていると文武両道が大変になってくるけれど、自分の将来に向けて一生懸命がんばってほしいです。


九大進学ゼミに入って

普通科 合格 男子

 僕が九大進学ゼミに入ったのは、中学1年生の時です。得意だった数学でつまずいてしまいました。そんな時に友達に九大進学ゼミを紹介してもらい通い始めました。すると、数学の苦手だった部分が克服できました。今でも数学は僕の得意な教科です。また、社会や理科などの暗記する教科は、演習をたくさん積みテストで点が取れるように力を入れていました。そのおかげで苦手だった社会の点数を上げることができました。
 僕は、八幡高校へ推薦で進学しました。その面接練習もしてくださいました。また、サッカーの練習が忙しい中、うまく時間を設定してもらいサッカーと両立して塾に通うことができました。無事に志望校に合格することができました。先生方、本当にありがとうございました。


九大進学ゼミのよさ

普通科 合格 男子

 僕が九大進学ゼミに入ったのは、中学校 1 年生の夏休みでした。入って最初に感じたことは、課題が多いということでした。そのなかでも日々宿には驚きました。  その後、中学 3 年生になり、学校からも塾からも多くの課題が出るようになりました。日々宿も 1 教科から 5 教科になり、テスト前にはきつい時などもありましたが。日々宿で基本をおさえることを重視しながら取り組んだことによって、定期テストで良い点数をとることができました。また授業では、先生方がおもしろい授業をしながらも、多くの知識を自分たちに教えてくださいました。
 今、日々宿が必要ないと思っているみなさん、この基礎をおさえることが、後に大きな力となると思って頑張ってください。応援してます。


周りの人の支えがあること

普通科 合格 女子

 私は、中学 1 年生の春に入塾しました。私は、社会と理科が特に苦手で、中学 1 年生のテストからずっといい点数がとれませんでした。また、生徒会執行部と勉強の両立がうまくいかず、悩まされる日々が続きました。そんな時、塾の先生は相談にのってくれくれたり、アドバイスをくれたりしました。先生の言葉のおかげで、今自分がしなければいけないことを見失わず、前を向くことができました。
 私は、分からないところが出てきたら、すぐに質問することを心がけました。分からないことをそのままにしておくことが、一番いけないことだと学びました。塾の先生は、分からないところは分かるまで何度も教えてくれました。私が合格できたのは、家族や先生方などたくさんの人に支えられたからだと思います。本当に感謝しています。