受験体験記
小倉西高校
Home > 受験体験記 > 北九州地区【小倉西高校】
日々の積み重ねが大切

普通科 合格 女子

 私は、日々宿を頑張ったので小倉西高校に推薦合格することができました。私は、定期テストの勉強を直前にならないとはじめていませんでした。しかし、日々宿で試験範囲の勉強を前々からはじめることができ、テストの順位も上がりました。また、わからない問題があっても、先生に質問し解決することで良い成績を残すことができました。そのおかげで、苦手だった数学の内申が5 になり、内申点の合計が上がったので、推薦入試のチャンスをつかむことができました。
 また、面接練習もしてくださり、学校の練習では聞かれない内容を質問してくださったり、態度や良い受け答えの仕方など、細かいことまで指導してくださったので、本番も緊張せず答えることができました。
 高校でも、日々の努力を忘れず頑張ります。


辛いことを乗り越えた先に

普通科 合格 男子

 自分は、中学 2 年生の冬季講座から友達にすすめられて入塾しました。
 塾に入るまでは、成績も悪く、定期テストの勉強なども全くしていなかったので慣れるまで大変だったけど、だんだん楽しくなりました。
 自分の中で大変だったと感じるのは、中学 3 年生の夏期講座と、トップ校です。夏期講座から上のクラスに上がったため、1 年生の内容など全くできず、ついていくことだけですごく精一杯でした。トップ校も周りの人よりできず、毎回の確認テストなど必死に覚えると、7 月のテストの結果に比べて大幅に偏差値を上げることができました。
 自分では、塾に入るのが少し遅かったと思いますがトップ校など大変な事を乗り越える分成績は上がるのだと実感しました。


成績がなかなかのびない人へ

普通科 合格 男子

 僕は 3 年生の夏休みごろから成績がなかなかのびなくて悩んでいました。そしてどのような勉強法が良いのか考えていたときに、先生が生徒のみんなに向かって「素直になれ」と言ったことを思い出しました。そこで僕は授業中に先生が言った勉強法を試してみると成績が急に上がって一気に志望校へのラインに届きました。
 僕は小学校 5 年生のときから九大進学ゼミに通っています。最初のころは日々宿も、Q トレも嫌いで手を抜いていたところがありましたが、自分のためになることに気づいてからは全力でとりくむようになり、達成感を味わうことができるようになりました。言われたことをきちんとするのが成績を伸ばすための第一歩だと思います。


部活と勉強の両立

普通科 合格 女子

 私が九大進学ゼミに入塾したのは中学 3 年生の夏期講習でした。入塾する前までは受験生にもかかわらず、家庭学習を全くしていませんでした。夏期講座の前に行われた学力診断テストで自分の成績の悪さに絶望しました。そのおかげで一気に火がつき、毎日の日々宿や 100 トレをとにかくやり続けました。結果 D 判定だった志望校も 3 ヶ月後には A 判定にかえることができました。部活動の引退が 3 月だったので部活と勉強を両立しなければならず、周りの人から遅れをとってしまいそうになったのですが、日々の努力や塾の先生方のおかげで、みんなについていくことができました。


夏合宿と先生方

普通科 合格 女子

 私が九進に通うなかで最も記憶に残っていることは、夏の合宿です。小対面の人と同じ部屋やクラスで 3 日間過ごしたことや、本当に勉強を朝から晩までしたことなど全てが新鮮でした。合宿の前日や 1 日目は慣れないことへの不安で辛かったですが、最終日にはあともう 1 日くらいやりたいなと思うほど、本当に多くのことを分かりやすく集中的に学べた良い機会でした。
 私はもともと、公立高校自体が危ないような成績でした。ですが九進に入りのびました。特に理科は 1 番苦手な教科でしたが、先生方のおかげで最終的に偏差値が 60 を超えました。どの塾にも絶対に負けていないこと、それは先生方の熱量です。先生方についていけば必ず結果は出ます。信じてがんばってください。


成長した理由

普通科 合格 男子

 僕が九大進学ゼミに通いはじめたのは、中学 1 年生のときです。初めて受けた学力診断テストでは英語が 11 点とすごく低かったです。しかし、毎回行っていた Q トレや夏に行われた 100 トレでだんだん単語を覚えてきて学力も上がっていきました。
 TOP 校に入ってからはとても難しい問題も解けるようになってきて、毎月行われる学力診断テストや学校のテストが好きになっていきました。時々、勉強したくなくなっても、塾で先生の熱心な話を聞くたびにやる気が出ました。先生方のおかげで英語は偏差値が約 20 近く上がりました。
 第 1 志望校に合格できたのは本当に九大進学ゼミの先生方による熱心な指導のおかげだと思います。今までありがとうございました。


小さな出会いが、大きな未来へ

普通科 合格 女子

 私は小学校 6 年生の頃から九大進学ゼミに通い始めました。知り合いが 1 人もいない中での入塾だったため、大きな不安がありましたが、先生方はとても温かく迎え入れて下さり、集中して勉強ができる環境へと自分の中で変化していきました。
 中学生になり、定期テスト等による「数字」で人と自分を比べてしまうことが多くなりました。そんな中私が頑張ったのは、「理解らない所をなくす」ことです。それまで私は理解ったフリをして目の前のことから逃げてきました。先生方は理解らないことを1 つ 1 つ、丁寧に、理解するまで教えて下さいます。小さなことですが、そんなちょっとした殻を破ってみると、それが未来へ繋がる大きな道となります。皆さんも私の言葉を、先生方を、九進を信じて一緒に頑張ってみませんか。


日々宿は最も効率の良い学習法だった!

普通科 合格 女子

 私は中学 3 年生の夏に九進に入りました。また、私が入っていた部活は 11 月の初めまであったので、他の人に比べて本格的に受験勉強に取り組み始めるのが遅かったと思います。周りの人が部活を引退し、勉強 1 本に集中しているなか、私は受験勉強と部活を両立しなくてはならなかったので内心すごく焦っていました。  しかし、そんな私でも比較的短い勉強時間で志望校に合格することができました。もちろん九進の先生方の分かりやすい授業のおかげでもあるのですが、私は「日々の宿題」の存在が大きかったのではないかと思います。「日々の宿題」を毎日するだけで、数学のテストでの小さなミスも減り、点数も上がりました。この出来事や受験を通して日々の努力の大切さを改めて実感できたと思います。


受験に向けて

普通科 合格 女子

 私は、小学校を卒業する直前に九大進学ゼミに入塾しました。体験授業が楽しくて、分かりやすかったことがきっかけです。九大進学ゼミに通い、分かりやすい授業を受けていたから、学校の授業で自分に自信を持つことができました。
 日々宿と学校の宿題の両方をしていくのは大変だし、面倒に感じることもありました。ですが、両方をしていたおかげで、計算ミスが減ったり、苦手分野の間違いが減ったりなどの効果を得ることができました。また、何度も過去問を解いたおかげで、入試問題の傾向やレベルを知ることができたため、勉強の焦点が絞りやすかったです。
 受験日は、ミスや周囲の人の出来が 1 科目ごとに気になるでしょう。でも、落ち込むのはご法度です。前を向いて頑張って下さい。