受験体験記
戸畑高校
Home > 受験体験記 > 北九州地区【戸畑高校】
受験を通して考えたこと。

普通科 合格 女子

 私は、中 1 の冬休みから九大進学ゼミに通い始めました。中 3の夏まで勉強に対して本気になれず、日々宿も簡単に済ませていました。でも、中 3 の夏に九大進学ゼミの夏期合宿に参加したことによって、自分の限界を超えることができ、受験に対しての焦りが生まれました。夏期合宿が終わってから、合宿で学んだ色々な先生の考え方を使って、自分の色々な問題を解いてみたいと思うようになりました。そして、日々宿も本気でするようになりました。すると、3ヶ月後にはB判定だった戸畑高校がA判定になっていました。
 九大進学ゼミに入って、自分に合った勉強方法を見つけることができたおかげで、私は志望校に受かることができました。みなさんも、志望校を目指して頑張って下さい。


受験を通して知れたこと

普通科 合格 男子

 私は、中学 2 年生の冬に成績を上げたいと思い入塾しました。私がこの受験を通して学んだことは継続することの大切さです。中 3 になり進路をかんがえていくうちに自分の学力では厳しい高校に行きたいと思うようになりました。それから夏期合宿に参加しました。先生方と周りの友達に囲まれ勉強をしたことによって自分の中で意識が変わりました。受験が近づくにつれて勉強時間がふえ塾で先生方の丁寧な説明をよく聞くことで分かる問題もふえていきました。私が合格できたのは、勉強が嫌なときでも勉強をしたことと九大進学ゼミの先生方の熱心な指導があったからだと思います。受験はとても大変で辛いです。ですが何事も成し遂げる際には大変なことが必ずあります。自分のために努力し、頑張ってください。


僕の道すじ

普通科 合格 男子

 僕は、中学 3 年生の夏期講座からこの九大進学ゼミに通い始め勉強してきました。塾に通うまでは学校の定期テストで点が取れており、評定もそれなりにとれていました。受験も問題ないと思っていましたが、念のため塾に通いました。そして、最初のテストの結果を見てとても焦りました。なぜなら僕が想像していた問題とは全く異なるものだったからです。
 そこからは、分からない点は先生方に質問をしながら必死に勉強をしました。そして、縛の第一志望校であった戸畑高校に合格することができました。現在、受験で不安を抱えている人や受験を心配している人達は、日々努力を怠らないようにし、分からない事は先生の聞いていくと良いと思います。


受験を通して大切だと思ったこと

普通科 合格 女子

 私は中学 3 年の春に九進に入塾しました。入塾当初は受験生という実感があまりなく、夏に最後の大会があったため部活動中心の生活を送っていました。そのまま夏が終わり、ライバルの多さにようやく気付き必死に勉強を始めました。そんなときに助けられたのは日々宿や Q トレです。毎日これだけは欠かさず取り組んでいたので、基礎が身に付き成績が上がっていきました。その努力が実り 11 月の学力診断テストでは第一志望校 A 判定を取ることができました。それが大きな自信となり、成績が下がったときもあきらめずに頑張ることができました。また、勉強を頑張れたのは九進の先生方のおかげでもあります。先生方の授業はわかりやすく、勉強を楽しいと思わせてくれました。先生方には本当に感謝しています。
 皆さんも使えるものをフル活用して頑張ってください。


合格の秘訣

普通科 合格 女子

 私は、2 年の夏から塾に通い始めました。その時は、志望校は決めておらず、高校に関する知識すらあまりありませんでした。しかし、塾で様々なことを同級生と学ぶうちに、高校への関心や、勉強への意欲が高まりました。
 私が合格できた理由の 1 つは日々宿です。めんどくさいと思っている人も多いかと思いますが、速く正確に解く力が身に付きます。また、継続的に勉強する習慣も身に付きます。
 もう 1 つ大きな力となったのがプログレスです。プログレスは活用の仕方で大きく価値が変わります。私は解いた後の復習に力を入れることをおすすめします。それにより、この 1 冊があれば、この分野は完璧だと思え、大きな自信になると思います。