受験体験記
小倉高校
Home > 受験体験記 > 北九州地区【小倉高校】
ただただ感謝

普通科 合格 男子

 私が、今回合格することができたのは、この九大進学ゼミのお陰です。その九大進学ゼミの長所を今回は 2 つご紹介します。
 1 つ目は、授業の分かりやすさです。(特に理科)いわゆる『神授業』です。分かりやすいを大前提にして、その教科のことをもっと知りたいと思わせてくれます。その教科の魅力を授業を通じて私たちに教えてくれます。
 2 つ目は、整ったこの上ない環境です。私は入塾当初から、約10 ~ 15 偏差値が上がりました。これには大きく 2 つの要因があります。
 1 つは、整備された自習室の環境です。綺麗な空間なので、学力の向上が図れます。
 もう1つは、ライバルの存在です。彼らは私たちにとって素晴らしい影響を与えてくれました。今でも良き友です。
 夢のお手伝いをしていただいた先生に感謝 !


「九進魂」を忘れずに

普通科 合格 男子

 僕は、小学校 3 年生から 6 年間九進に通ってきました。でも、僕の学校には急進生の同級生がいませんでした。学校の定期テストでは、一人でも、「九進魂」をもって頑張りました。SPT に本気で取り組み、塾の授業に真剣に参加しました。おかげで、1 年生から 3 年生まで、すべての定期テストで学年 1 位を獲得でき、「九進魂」を見せつけられたと思います。
 そして、3 年生では、念願の小倉高校合格を目指し、毎日欠かさず勉強しました。その中で、日々宿が毎日会ったことは、大変だったけど力になりました。他にも、夏の合宿や年末年始大特訓では、自分の限界に挑戦しました。小倉高校に合格した今、「九進魂」が僕を頑張らせてくれたと思っています。高校へ進学しても、「九進魂」を忘れずに、一生懸命勉強していきます。


僕の受験体験記

普通科 合格 男子

 僕は中学 3 年生の夏期講座から九大進学ゼミに入塾しました。 7月に初めて受けた模試では小倉高校はD判定でした。先生方が、真面目に勉強すれば 3 ヶ月程で成績が上がると言っていたので塾で勉強を続けました。すると、10 月の模試では、A 判定になりました。僕は勉強が好きではありませんでした。受験に合格するのに大切なことは、できるようになるまで勉強しつづけることだと思います。解けない問題や覚えられないことがあってもできるようになるまでがんばるといいと思います。油断せずに受験本番まで受験勉強しつづけることも大切だと思います。僕は、本番前に苦手だった社会をたくさん勉強しました。そのおかげで、本番では今までで一番できました。


とにかく頑張れ

普通科 合格 女子

 受験勉強において最も大切なことは、日々の積み重ねだと思います。中学 3 年間分の知識はそう簡単に身につくものではありません。毎回の授業を真剣に聞いて、覚えきれていないとこがあればその都度しっかり覚える。そういうことを続けていれば自然と学力はつきます。
 毎日勉強をする中で、どうしても頑張りたくないときがあると思います。私は何かを頑張るということが苦手で嫌いでしたが、九進で頑張る友達の姿を見て、勉強を続けることができました。 1 人の力では入試という壁は大きすぎると思うので、周りの友達や先生、家族などを大切にしましょう。
 入試に向けて、不安になる日もあると思いますが、どうせいつかなんとかなるので、考えすぎず頑張ってください。


おつかれさまでした

普通科 合格 男子

 僕は小学校 5 年生のころから今までずっと小倉高校にあこがれていました。この夢が実現するまでにかなりの時間がかかりました。ここまでくる間に何度も無理かもしれないと思いましたが、あきらめずにがんばれてよかったです。僕は国語と社会が苦手で、これをどうにかしないと小倉高校には合格できないと思っていましたが、なかなかその壁を乗り越えることができませんでした。そのことが何度もあきらめそうになった要因かもしれません。しかし、中学生の授業の中で、歴史と古文に出会ったとき、ぼくはそれらにすごく関心を持ちました。これを手口に私は社会と国衙のレベルをあげることに成功しました。自分が、勉強にいきづまったときやおもしろみがなくなったときに好きな勉強をすることが僕なりの勉強のコツです。