受験体験記
川内高校
Home > 受験体験記 > 鹿児島地区【川内高校】
僕を変えてくれた九大進学ゼミでの日々

普通科 合格 男子

 「勉強」とは「受験」とは、まったくわからなかった自分を変えてくれたのが九大進学ゼミでした。わかりやすい授業、熱い先生方、共に努力した仲間、多くの支えが僕を成長させてくれました。僕は勉強が大嫌いでした。それは、わからなかったということが一番の理由だったと思います。勉強する意味とは何なのか、毎日考えていました。そんな時、九大進学ゼミで勉強することの意味を知り、勉強で結びついた仲間と共に努力する楽しさを学ぶことができました。もちろん、楽しいことばかりではなく、つらいこともありました。しかし、その壁を乗り超えた結果、達成感や、喜びを感じることができました。
 受験生のみなさん、最後まで諦めず、努力し続けてください!応援しています!


日々の努力が大事

普通科 合格 女子

 私は、得意科目と苦手科目の差が大きいことに悩んでいました。そんな時に姉が通っている九大進学ゼミに私も入塾することになりました。最初は不安でいっぱいでした。しかし、先生方の授業はとても丁寧で分かりやすかったです。私は受験に向けて、特に日々宿を頑張りました。1日1日コツコツと進め、自分の力で解ける問題も多くなりました。さらに、定期テストや統一模試でも総合点を伸ばすことができるようになりました。受験でいつもの力を出しきれたのも先生方や日々宿、特訓のおかげだと思っています。みなさんも1日1日を大切に、自分の力を信じて頑張ってください。


目標に向けて

普通科 合格 女子

 私は、小学の頃九大進学ゼミに入塾しました。そして、毎日の小テスト、定期テストにこだわって頑張ってきました。
 初めての統一模試では、苦手教科の社会が半分も取れず、少し不安になったときもあります。しかし、そんな時に私の力になったのは日々の宿題でした。日々の宿題で基礎内容を何回も解き覚え込んでいきました。毎回の模試で解答欄を自然と埋めることができるようになり、テスト時間が充実するようになってきました。
 また、先生方の言葉も入試において大きな力となりました。大丈夫、と声を掛けてくださりながらも、今自分に足りない力を細かく指導してくださり、とても嬉しかったです。
 入試も落ち着くことができたのは、九大進学ゼミや周りの方々のおかげです。ありがとうございました。


高校受験で学んだこと

普通科 合格 女子

 私は、九大進学ゼミに入る前は勉強についていけるか不安でいっぱいでした。勉強がだんだん難しくなり、入塾を決め、そこからは日々の宿題もコツコツ取り組みました。また、特訓や確認テストで満点がとれるように必死に頑張りました。模試では思うような結果が残せずに落ちこんだこともありました。しかし、そのような時、先生方は時に優しく時に厳しく声をかけてくださいました。そのため、立ちなおることもでき志望校への道が少しずつ近づいていきました。
 私は高校入試でたくさんのことを学ぶことができました。いろいろな方たちの支えがあったからこそ合格することができたと思っています。高校に行ってくじけそうになっても、自分を信じてがんばっていきたいです。