受験体験記
加治木高校
Home > 受験体験記 > 鹿児島地区【加治木高校】
日々の積み重ねを頑張った

普通科 合格 女子

 私は、入塾前は定期テストで3ケタの順位になったり、学力テストで低い点数をとったりすることが当たり前でした。しかし、入塾して頑張ったことで加治木高校に合格することができました。私が合格できたのは志望校を目指して頑張っている友達や家族、先生方の支えがあったからです。
 その中でも大きな支えとなったのは、日々の宿題の存在です。勉強する習慣をつけることができ、基礎から学びなおすことができました。
 この中学校生活三年間で思ったことは、毎日の積み重ねが大事だということです。毎日勉強をしてきて良かったと思いました。これからも大変なことがあると思いますが、あきらめずに頑張っていきます。


受験勉強は三年間の積み重ね

普通科 合格 男子

 僕は中学校に入学したと同時に九大進学ゼミに通い始めました。塾に入るのが早かったおかげで、中学校の学習がスムーズに頭に入りました。それに定期テスト前は一生懸命勉強したおかげで順位も少しずつ上がり、三年生では実力テストで一ケタの順位をとれるようになりました。
 受験勉強では、定期テスト前の勉強で取りこぼしが少なかったおかげで、あまり苦しむことなく勉強ができました。また受験シーズンになって周りが勉強し始めても、あまりプレッシャーに感じずにすみました。
 受験が終わり、私が思うことは定期テストを毎回、一生懸命取り組むことが大切だということです。これから受験を迎える人も毎回の定期テストを完璧に仕上げたら受験が楽になります。


高校受験を終えて

普通科 合格 女子

 九大進学ゼミに通う中で一番効果的だったのが、日々宿でした。 部活動が大変な時期でも日々宿は内容があまり多くなかったので毎日続けることができ、自分の力となりました。
 また、九大進学ゼミは勉強の力を上げるだけではなく、進路について様々なことを教えていただいたので、自分のことを考えるきっかけにもつながりました。
 勉強を続けることは難しいことだと入塾するまで思っていました。しかし、日々宿のおかげで成績も上がり、先生のおかげで目標をたてることができ、勉強が好きになりました。
 受験もこの1年間で身につけた力を発揮することができ、見事合格できました。ありがとうございました。


私にとっての受験勉強

普通科 合格 男子

 中学校最後の一年間は僕にとって、とても大変な時期でした。宿題は終わらせることが目的でしたが、100 問トレーニングや特訓で満点をとるために取り組むと、とても大変だと気付きました。しかし、これぐらいしないと、周りのみんなに対抗できなくなるのだと気づき、毎日さぼらず取り組みました。特に苦手だった英語の勉強は自分でも工夫しながら量をこなすようにしました。大変な日々でしたが、今はそれが合格をかち取るための大事な支えになったのだと思います。
 受験勉強の大変さよりも、合格したときの喜びは大きなものになるということをこれから受験するみなさんに覚えておいてほしいです。そして、自分の行きたい高校を目指して頑張ってください。


中学校生活での勉強への取り組み

普通科 合格 男子

 私が勉強への意識を持ち始めたのは中学1年生の3学期からでした。1年生の最初から加治木高校に行こうかなと思っていましたが、まだ時間があると考え、のんびりしていました。そして、普通にしていても成績が上がらず、このままではまずいかもと思ったので勉強の仕方を工夫しました。そこから1年間は自分で頑張り、成績は上がりましたが、成績が伸び悩み3年生から入塾しました。入塾すると先生方の授業やテスト対策のおかげですぐに成績を伸ばすことができました。
 私からのアドバイスをしては、まずは少しレベルの高い高校を目標とし、次に勉強への意識を高めることです。勉強への意識が高まると授業へ取り組む意識も変わるので、成績が伸びやすくなると思います。今から、志望校に向けて頑張ってください。


受験生としての1年間を終えて

普通科 合格 女子

 私は、塾に入る前、どの高校に行くか、はっきりと決まっていませんでした。しかし、中学3年生となり行きたい高校を決めることができました。それは、もちろん友達の影響も大きかったのですが、塾の先生の影響というか、パワーも大きかったです。いつもやさしく、「大丈夫。この調子でいけば、必ず合格できる。」と言ってくださったのが大きなパワーでした。気の弱い私を最後まで応援してくれた友達、学校の先生、塾の先生にとても感謝しています。この感謝を忘れず、大学進学を目指し、日々頑張っていきたいと思います。
 だんだん入試が近づくにつれ、不安と焦りがおそってきます。なので、できるだけ自信がつけられるように勉強した方がいいと思います。自分を信じた人が勝つ。頑張って!


日々を大切に!

普通科 合格 男子

 私は、特に日々宿と塾で行われる小テストで満点をとることを意識して勉強しました。模試では、数学と理科で、点数が取るべき部分を落としてしまうことが多くありました。日々宿には、基本的な計算問題や、一問一答形式で理科の問題が豊富にありました。日々宿を毎日しっかりと行うことで、ミスも少なくなり、点数を上げることができました。
 今まで勉強をすることは、嫌いでした。九大進学ゼミに入ってから、学校の課題も重なって正直つらいと思った時もありました。しかし、それを乗り越えたことで、成績が上がり、高校にも合格することができました。
 高校では、この受験勉強よりもさらにきつい勉強が待っていると思います。だから、これまで以上に頑張りたいです。


九進で頑張ったからこそできたこと

普通科 合格 女子

 九進に通うまでの私は勉強の仕方が分かっていませんでした。九進に行き、テストを受け、自分にはまだまだ分かっていないことが山ほどあるということを痛感しました。その日から毎日日々の宿題をし、中三の夏からは、100 問トレーニングを解くことを繰り返しました。そうすることで自然と勉強が習慣づき学んだことがしっかりと頭に定着するようになりました。また、先生方の授業も分かりやすく学校では教えてもらえない問題を解く裏技もたくさん教えていただきました。成績も確実に上がっていきました。九進は勉強だけではなく精神面でも私を支えてくれました。自信がついたからこそ強気で入試に挑むことができました。心から九進で頑張って良かったと私は思っています。


九進に入って変わったこと。

普通科 合格 女子

 私は九進に入ったとき、志望校すら決めていない状態で、目標もなく勉強にもきちんと取り組めていませんでした。しかし、九進の先生の話を聞いたことで加治木高校という目標を決めることができました。
 受験勉強をするにあたって、用語や英単語などの基礎がどれだけ大切かを実感し、基礎を身につけていないととても大変だということを思い知らされました。だから、日々の宿題をできるだけ丁寧にくり返して少しでも多く覚えられるようにしました。
 受験で合格することがゴールではなく、やっとスタートラインに立った状態です。これからも九進の先生方への感謝を忘れず、高校でも頑張っていきたいと思います。