受験体験記
鹿児島中央高校
Home > 受験体験記 > 鹿児島地区【鹿児島中央高校】
日々の積みかさね

普通科 合格 女子

 私は九進に入るまで、学校でも成績が悪く、とてもトップ3高に行けるような実力、そして気力がありませんでした。しかし九進に入ったことで、初めて自分の学力、勉強に対して大きな危機感を持ちはじめました。それからは、九進の先生方がおっしゃったことを信じ、日々の宿題やチェックテストに力を注ぎました。少しずつ受験が近づいてくるにつれて、不安が大きくなっていく中、私にとってチェックテストや特訓で満点をとることが心の支えになっていました。
 今回の高校受験、そして九大進学ゼミで、私は日々のちょっとした積み重ねがどれだけ大切なのか、強く実感することができました。
 これから受験を迎える皆さんも、最後まで自分を信じてがんばってください。


受験生として

普通科 合格 男子

 僕は、受験生なのに、なかなか勉強しようという気になれませんでした。しかし、九進の先生方の話を聞いていて、もっと真剣に勉強に取り組まないといけないと何度も思いました。そこで、僕が最初に行ったことは日々宿を毎日行うことです。日々宿をためこんでしまうことがあったので、毎日行うようにし、やり直しを徹底しました。日々宿を毎日解くことで、自分の苦手分野の克服ができ、さらに得意分野での凡ミスを防ぐ練習にもなりました。日々宿を丁寧に行えば、必ず力になると思います。
 また、トップ高や夏期勉強合宿に参加して、常にハイレベルな中で勉強できたことは自分の自信にもなりました。
 九進での経験を生かし、これからも勉強を頑張っていきたいと思います。


日々の積み重ね

普通科 合格 女子

 私が志望校合格を目指すにあたって意識したことは、「満点にこだわること」です。
 CT や 100 トレ、特訓に向けて「授業後即復習」「日々の宿題」は徹底して行いました。どちらも日々の積み重ねです。どれだけ忙しくても、私は欠かさず続けてきた結果、満点を常にとることができ、そして第一志望校に合格することができました。
 九進の先生方の励ましや、指導、そして「自分なら大丈夫」という強い思いも合格に関わっていると思います。上手く成績が伸びない時期は誰にだってあります。その期間にどれだけ努力し続けられるかが、カギになります。受験は最後まで積み重ねたもの勝ちなので最後まで諦めず頑張ってください。


これから受験を迎える後輩のみなさんへ

普通科 合格 女子

 後輩のみなさん、今、受験に対してどのように感じていますか。不安に感じている人、新しい高校生活に向けてやる気がみなぎっている人、それぞれだと思います。これを読んで少しでも自分に自信を持ってくれたら嬉しいです。
 私は、受験のとき、緊張しませんでした。それは、母からの言葉がとても心に残っていたからです。その言葉は、「緊張するくらいだったら、緊張がなくなるまで、自分に自信をもてるようになるまで勉強しなさい」というものです。私は、この言葉を信じて一生懸命頑張りました。九大進学ゼミの先生方もおっしゃるように、受験には、学力だけでなく精神力も必要です。受験生は、親や先生方など、たくさんの周りの人から支えられています。その方々への感謝の気持ちを忘れず、これからの受験にベストを尽くしてください。


勝者は夢を諦めない

普通科 合格 女子

 中学校での文武両道はとても大変でした。私は、部活動が忙しく、中2まで、勉強をおそろかにして、苦手な単元から背をそらしてきました。中3になって、部活を引退すると受験生となり、勉強漬けの毎日に変わりました。その時、一番苦労をしたのが、中1中2内容で作った苦手単元でした。入試に向けて実力問題をしたいのに、私は、復習と理解をするので手いっぱいでした。その間に周りの受験生は実力問題を解き進めていき、おいてけぼりの私は、ただ焦せるばかりの日々でした。模試では、11月の段階で、受かる確率は 50%くらいでつらい時期を過ごしました。けれど、「部活で培った忍耐力と精神力、なにより、両親や先生方の支えがあって、私は最後まで走り抜けることができました。最後まで諦めずに、塾の指導を信じてついていってください。


高校受験が終わりじゃない

普通科 合格 男子

 私は受験において志望校に合格するために自分なりの最大限の努力をしてきたつもりです。チェックテストや特訓などで、基本的な部分をできるようにし、塾以外の時間でも強い気持ちで勉強に臨んでいました。
 そして模試でも志望校に合格するために偏差値をどんどん上げていき、その偏差値をずっとキープできるように努めてきました。
 しかし、私立高校の入試と、最後の模試で私はあまり良い結果を出すことができず、模試でもずっと下がってしまい、最終的には私は志望校を変えることになってしまいました。
 そのときはとてもくやしかったです。しかし次の大学受験ではもう後悔はしないと決めました。高校受験が終わりじゃありません。みなさんも後悔しないようがんばってください。


九進で学んだ、本当の「勉強」

普通科 合格 女子

 私は、入塾する前は部活ばかりに集中していて、受験生だという自覚がありませんでした。しかし、九大進学ゼミに通い始めて、私の中に「自分は受験生だ」という自覚が芽生え始めました。入塾当初は、正直なところ、第1志望校は私の成績では合格が難しいという状況でした。しかし、そこから毎日、日々の宿題に取り組んだり、授業のチェックテストで満点をとれるように準備をして授業を受けたりするようになってから、成績は少しずつ伸びていき、ついに志望校に合格するために必要な偏差値まで成績を上げることができました。
 九大進学ゼミでの受験勉強は、大変なこともありましたが、それを乗り越えたからこそ大きな喜びを手に入れることができました。
 みなさんも、未来の自分が笑顔でいられるように今を精一杯努力していってください。


夢に挑戦するみなさんへ

普通科 合格 女子

 私は受験勉強をする上で2つのことを大切にしました。
 1 つ目は「苦手なものをピックアップすること」です。私は、苦手なものや、間違えた問題の解き方のポイントを付箋に書いて、1冊のノートにまとめていました。テスト前や入試直前にそれを見ることで、苦手が一目で分かるだけでなく、自分の自信にも繋がりました。
 2つ目は「一喜一憂しないこと」です。テストや模試の結果に左右されると、勉強を怠ってしまったり、自信を失ってしまったりしかねません。どんな結果が出たとしても一喜一憂せず、目の前のことに全力を注ぐように意識しました。
 最後に、受験だけでなく全てに通じることですが、「努力は必ず報われる」と私は思います。不安になった時こそ、努力するチャンスです。自分を信じて最後まで努力し続けてください。


受験を通しての経験

普通科 合格 男子

 私は、九大進学ゼミに入ったことで努力を怠らなければ、目標を達成できることを実感しました。
 中学1年生から鹿児島中央高校に行きたいと言っていましたが、そんなに簡単ではありません。学校のテストでは、苦手教科の克服ができず、勉強の仕方が分かりませんでした。九大進学ゼミに入塾してからは、日々の宿題や授業後即復習、チェックテスト満点などを徹底していくうちに苦手教科を克服し、全体的にも成績を上げることができました。しかし、これは先生方や家族のサポートのおかげだと強く感じています。しっかりと感謝の気持ちを忘れずに勉強することが一番大切です。そして、成績があまり伸びなくても自分に負けては駄目です。必ず先生方が合格の道へと導いてくれるので、絶対に諦めないようにしてください。


目標に向かって

普通科 合格 女子

 私が九大進学ゼミで頑張って良かったと思うことは、特訓や100 問トレーニングなどのテストです。覚えるために何度も繰り返し勉強することで、一度覚えた単語や語句を忘れることがなくなりました。
 確かに、特訓や 100 トレは辛いときもありました。最初は、「私にはとても無理だ」とマイナスに考えていましたが、「自分の行きたいと強く思っている高校に合格するためだ」と自分を励ましながら、満点にこだわって頑張りました。
 これから高校受験をする人は、「自分が行きたい」と強く思った高校の制服を着ている自分を思い浮かべながら、受験勉強を頑張るといいと思います。九大進学ゼミの先生たちについていってください。


成長させてくれた九大進学ゼミ

普通科 合格 女子

 私は九大進学ゼミに通い始めたのは、小学六年生の春でした。私は当時、算数がとても苦手で基礎的な問題が解けなかったことが入塾したきっかけでした。入塾すると小学部からテスト形式で問題を解く機会が多かったので、自然とテストに集中したり、会場の雰囲気に慣れていくことができたと感じています。特に中学三年生になると毎月のように統一模試があり、その結果をもとに先生方が真剣に面談をしてくださり、志望校や後の勉強について一緒に考えてアドバイスをもらえたことが、とてもうれしかったです。
 入塾した時は、自分が中央高校に行くとは全く思っていなかったので、ここまで自分を引き上げてくださった九大の先生方にとても感謝しています。これからも一生懸命勉強して自分の夢に近づいていきたいです。


日々宿の大切さ

普通科 合格 男子

 私が九大進学ゼミで1番がんばってきたことは、日々の宿題です。私がこの塾に入った当初は、日々の宿題という存在がいやでしかたがありませんでした。学校で宿題が出るのに、なんで塾でも宿題が出るんだよ。という気持ちでいました。しかしある日、数学の期末テストに、私が日々の宿題で解けなかった問題が出ました。日々の宿題で解いたときに、ちゃんと理解していたらテストでも解けたのに、理解できていなかった私は、その問題を解けませんでした。その時、日々の宿題の大切さに気づきました。その日から私は、解けなかった問題を理解するまで解くことを意識するようになりました。日々の宿題をすることで基本が身につきました。これから受験を迎えるみなさんは、日々の宿題を怠けてはいけないと、私は思います。