鹿児島県立鹿児島中央高校

先生たちの言葉

2018年中学部修了 男子

 ぼくは、兄が九大進学ゼミに通っていたということもあり、入塾する前も夏期講座や冬期講座などに参加していました。その時からこの塾は勉強しやすい環境だと思っていました。
 ぼくは、国語と理科がとても苦手で、2 学期以降でとても苦労しました。しかし、先生方からアドバイスをいただき、苦手を克服することができました。
 もし、成績に悩むときがくれば、先生方に相談し、先生方がおっしゃったことをしっかりとすればいいと思います。先生方が言うことは、絶対に間違っていません。
 受験当日は緊張するかもしれませんが、先生たちの言葉や、今までやってきたことを信じて頑張ってください。


大きな自信になりました

2018年中学部修了 女子

 私が志望校を決めたのは、中学3年生の夏でした。いくつかの学校へ見学に行き、ここで3年間頑張りたいと思ったのが中央高校でした。中央高校へ行くために何をすべきかよ く分からなかった私に、九進の先生方が教えてくださいました。チェックテストや特訓で満点をとりつづける、それが1番の近道だと。100問トレーニングが始まり、毎回満点を とることはとても大変なことでした。しかし、中央高校に受かりたいという気持ちをもち、一生懸命がんばりました。その後も特訓やチェックテストを確実にとれるように勉強を続 けました。1 月に私立の入試がありました。チェックテストや特訓、100 問トレーニングで覚えた問題が出題されていてスムーズに解くことができました。九大進学ゼミに入り、 先生方が支えてくださり、大きな自信になりました。ありがとうございました。


できることを積み上げていく

2018年中学部修了 男子

 受験生になり、周囲からのプレッシャーや緊張が中学2年生の時と全く違い、当初はとても焦りました。しかし、そこから受験を終えるまで自分なりに頑張るということを決心 し、合格を勝ちとることができました。有名な詩に「みんな違ってみんないい」という言葉がありますが、まさにその言葉の意味を体現するような1年でした。人それぞれに勉強の 仕方があり、コツコツと自分にできることを積み上げていくことが大切です。焦らず、目の前の物事に取り組むことも受験への大切な1歩だと思います。受験の3ヶ月前、2ヶ月前、 1ヶ月前など聞いていると、とても不安になるかと思いますが、そこからでもまだ頑張れます。点数も伸びます。テストでも受験でも最後の最後まで諦めないで下さい。


無遅刻無欠席

2018年中学部修了 男子

 私は中学3年生になるまで、はっきりとした目標が持てずに過していました。また、特訓やチェックテストでなかなか満点をとることができず、「どこの学校でもいいかな」と、 あきらめたくなることもありました。
 しかし、中学3 年生になりTOP 校選抜ゼミや模試を受けていくにつれて、だんだんと目標が固まり、勉強を頑張るようになってきました。
 2月の模試では、受験校の目標偏差値に届かず、とても不安でしたが、九進の先生方がはげましてくださったので、当日は集中して試験を受けることができました。
 チェックテスト満点、無遅刻無欠席などを頑張ってください。


九大進学ゼミの指導と日々の宿

2018年中学部修了 男子

 僕が鹿児島中央高校に合格することができたのは、毎日コツコツと勉強をしてきたからだと思います。3年生になってから、僕は塾で自習をする回数が増えました。私立入試や公 立入試の直前などは毎日利用していました。毎日勉強している中で、何をしたらいいか分からなくなるときもありました。そんなときに僕がしたことは、日々の宿題です。日々の宿題 では5教科の要点が全てつまった最高の教材です。1・2年生の頃は答えを写してしまうこともありましたが、このことを後悔した時期がありました。これから受験をむかえるみな さんは、九大進学ゼミの先生方が言われるように取り組んでください。僕は、九大進学ゼミの指導と日々の宿題があったからこそ、合格を勝ちとることができたと思います。


環境も最高の塾

2018年中学部修了 男子

 僕は、受験には「毎日」少しの時間でもいいから各教科をコツコツ復習していくことが大切だと思います。だから、日々の宿題は僕の勉強の仕方にとても合う教材だと思います。ま た、合格できた人は日々宿をためてしまうことが少なかったと思います。人それぞれの性格・特徴に合う自分の勉強の仕方を見つけることも大切です。受験を乗り越えるためには、 まず自己を知り、そして目標に向けて努力する事が大事です。努力は決して裏切ることはなく、僕の背中を後押ししてくれました。個人の力は周囲に比べ大差はないと思います。いか に自己を知り、努力し続けられるかが重要だと思います。九大進学ゼミという、環境も最高の塾で受験することができて本当に良かったと思います。先生方、本当にありがとうござ いました。