受験体験記
佐賀県立香楠中学校
Home > 受験体験記 > 中高一貫【佐賀県立香楠中学校】
たくさんの人に感謝

佐賀県立香楠中学校 合格 男子

 ぼくが香楠中学校を受験するまでに思ったこと、感じたことは、全ての人に感謝しなきゃなということです。
 まず、ぼくは5年生の時に中高一貫の授業を受け始めました。最初は人数が少なかったけれど、だんだん人数が増えてきて、ライバルも増えました。たぶん、ライバルがいなかったら、ここまでこれなかったと思います。なので、まずはライバルの感謝をします。
 次に、ぼくは受験生となって得られたことがたくさんあります。それは、集中力や計算の早さなどです。そのおかげで、香楠中に合格できただけでなく、小学校の点数も上がったので、九進の先生にも感謝します。
 そして、ぼくが一番に感謝をしたい相手はここまで見守ってくれた親たちです。他にも、応えんしてくれたたくさんの人に感謝します。


受験を通して学んだこと

佐賀県立香楠中学校 合格 女子

 私が受験を通して学んだことは「あきらめずに問題と向き合う大切さ」と「苦手を知ることの大切さ」です。
 私があきらめずに問題と向き合うことの大切さを学んだのは受験当日のことです。文系はすらすら解くことができたのですが、理系では分からないところが多くありました。このとき、今までの私ではあきらめていました。でも、あきらめずに問題と向き合ったことで無事合格することができました。
 私が苦手を知る大切さを学んだのは受験の結果をみて、苦手な理系の方が点数が高かったことです。私は理系が苦手なので受験勉強は、理系を重点的に行いました。すると、いつのまにか苦手ではなくなっていました。
 私はこれからの生活に受験を通して学んだ二つを生かしていきたいです。