受験体験記
佐賀県立武雄青陵中学校・佐賀県立唐津東中学校
Home > 受験体験記 > 中高一貫【佐賀県立武雄青陵中学校・佐賀県立唐津東中学校】
周りの人の支え

佐賀県立武雄青陵中学校 合格 女子

 私は5年生の冬に受験することを決めました。私は一番初めに家族にこれからどのような勉強をするといいか相談して、九大進学ゼミに通うことになりました。中高一貫のクラスでは、6年生の夏ごろまで5、6年生の勉強の復習をします。それから適性の問題を解きます。適性の問題は、よく考えたり、自分の言葉で説明したりするのがありとても難しかったです。でも先生方が優しく教えてくれたおかげで少しずつ分かるようになりました。冬休みになると、面接の練習が始まります。初めはとてもきん張して言葉を忘れたりしていたけど、先生方とよりよいものに仕上げることができました。
 私は家族や九大進学ゼミの先生方のおかげで青陵中に合格することができました。今は、みんなにとても感謝しています。


期待に応えて

佐賀県立唐津東中学校 合格 男子

 僕が九大進学ゼミに入ったのは小学校6年生の4月からでした。そのときから、受験をしようと思いましたが、面接の仕方や出題される問題がわかりませんでした。最初は小学校6年間の基礎を学びました。受験が近づくにつれて、面接の練習や全国の過去問を解きました。わからないところも、先生がわかりやすく説明してくれたので、わかるようになりました。
 唐津東中学校に合格したのは、自分だけの力ではなく、親や先生の力があってのことだと思います。親は九大進学ゼミへの送り迎え、先生は、面接の仕方や、適性検査の解き方を教えてくれました。唐津東中学校に合格したのは、親や先生のおかげなので、その期待に応えて、定期テストでもいい成績とりたいと思います。