受験体験記
講倫館高校
Home > 受験体験記 > 福岡西地区【講倫館高校】
受験を通して学んだこと

総合学科 合格 女子

 私の本格的な受験勉強は夏から始まりました。夏休みが始まり、クラスが上がったものの、私は他の部活より少し引退が遅かったため夏期講習になかなか参加できず、危機感を感じていました。部活を引退してからは本格的に受験勉強が始まり、夏休みは一日十時間勉強を目標としてがんばってきました。その結果、私は五教科総合の偏差値を夏休みで約十上げることができました。二学期に入ってからも自分の志望校に向けてがんばってきたけれど、思うように苦手教科が伸びず、私は志望校を下げました。例え志望校を変えたとしても、切り替えてひたすら勉強することが大切だと思います。私は、努力は必ず報われると思っています。これから先、九進で培った経験を活かしてがんばっていきます。


頑張れば必ず結果はついてくる。

総合学科 合格 女子

 私は、三年生から九進に入りました。九進に入ると成績はぐんと伸びました。けれど、そこからはあまり伸びず、二年生の内は目標点を越えることはありませんでした。そしてとうとう三年生になりました。一学期の期末では、一生懸命勉強し、目標点を越えることができました。けれど、そこから謎の余裕ができ、勉強をおろそかにしてしまって、もう目標点を越えることはなくなりました。夏休みも、「まだ大丈夫」と思ってしまい、力いっぱい勉強をしていませんでした。その結果、成績が伸び悩みました。なので冬休みは頑張りました。正直勉強ばかりでつらかったです。けれど、頑張れは結果はついてくると思います。なので皆さんも、悔いのないようしっかりと勉強をして、第一志望の高校に受かるよう頑張ってください。