受験体験記
福岡工業高校
Home > 受験体験記 > 福岡西地区【福岡工業高校】
初めての体験

機械工学科 合格 男子

 僕は受験は初めてでした。
3年生になっても受験生の自覚がなかったです。受験の準備は早い方が絶対にいいです。でも僕みたいに3年生の夏休みからじゅくに入っても頑張れば全然まにあいます。
 僕は受験の時よりは合格発表の方がきんちょうしました。なので受験の時はきんちょうも集中力を高めるのに必要ですが心配しなくて大丈夫です。まわりに友達などがいるので安心して試験をうけてください。
 日々宿は本当に大事です。僕は毎日、毎日、日々宿ばかりやっていました。そのおかげで高校にいくことができました。他の弁Kッヨウも大事ですが日々宿とテストのやりなおし授業の復習をしっかりやりましょう。


努力の上に花が咲く

情報工学科 合格 男子

 僕は3年生になるまで、ほとんど勉強をしてきませんでした。勉強は学校の授業だけで、家庭学習時間が0の日がほぼ毎日でした。3年生になり、このままではだめだと思いましたが、家で勉強ができなかったので、塾に入ろうと思い、友人に誘われて九大進学ゼミに入りました。
 サボったりせず、毎回きちんと通塾し、出された宿題もしっかりこなしました。毎日宿題があるので、自然と家庭学習の時間も増えました。その成果で、テストでは自己最高点を取り、内申も一気に上がりました。
 そのおかげで、推薦入試を受けることができ、内定をもらうことができました。この塾に入ることで、自然と努力をする力がつきました。これから受験に挑むみなさんも努力を惜しまず、がんばってください。


高校受験を通して

都市工学科 合格 男子

 僕は、中3の夏から本格的な受験勉強を始めました。塾に入ってすぐの学力診断テストでは、とても点数が悪く、志望校合格にはとても厳しい状態で、志望校を変えようとしていました。しかし、テストのやり直しを行ったり、同じ問題をもう一度解くことで、テストの形式に慣れ、点数を上げることができました。また、点数を上げるため、日々宿も徹底して行いました。最初は、ただ、終わらせるだけで、だんだん点数を上げる為の日々宿になっていきました。
 受験をして、コツコツ毎日勉強することが一番大切だと思いました。自分に甘えて、勉強をやめようと思ったこともあったけれど、今までがんばってこれて、良かったです。日々努力し、合格できるようがんばって下さい。