福岡県立修猷館高校

日々宿や課題を全力で

2018年中学部修了 男子

 僕は重度の怠け者で、中1の頃からよく日々宿や学校の課題をためては、直前に終わらせたり、結局終わらせることができなかったりしていました。そして、中3の1学期もそん な生活を続けた結果、内申点が大幅に減少し、公立高校を受験することすら難しいと学校の先生に言われました。
 しかし、僕には修猷館を諦める気は毛頭ありませんでした。九大進学ゼミの先生方の励ましももらって、2学期の内申点を上げ、勝負に出ることを決めました。夏休みから、日々宿 や課題を全力でやり続け、どうにか内申点を確保することができました。そして、九進の先生方と一緒に更に努力を重ね続け、ついには、修猷館合格を勝ちとりました。最後まで僕 を見捨てないでくれた九進の先生方には、本当に感謝しています。


努力をしてきた自分を信じて

2018年中学部修了 女子

 私は、小6から九大進学ゼミに通い始めました。その頃から、修猷館に行くという夢を持っていました。中1や中2の頃は、部活に励んだことで勉強する時間もなく、修猷館に は到底及びませんでした。部活を引退した後も、受験生という実感がわかず、集中できない毎日が続いていました。そんな私を変えてくれたのはSSC(修猷館スーパーコース)で の授業です。先生からの誘いで入りましたが、レベルの高いSSCのみんなから受ける影響は大きかったです。成績が上がらず苦しむ日々が続きましたが、家族の支えや先生方の的 確なアドバイスに助けられました。本番は、九進を信じて、先生方を信じて、そして何より今まで努力をしてきた自分を信じてリラックスして受けることができました。九進での 日々は一生の宝物です。


自分を信じ続ける心

2018年中学部修了 女子

 私は、中3の夏まで部活動が忙しく、他の人と比べて、あまり塾の授業に参加できていませんでした。そのため、受験勉強が本格的にスタートしたのも必然的に遅くなりました。  その中でも合格できたのは、やはり九大進学ゼミの先生方の熱心な指導のおかげだと思います。また、毎日の日々宿や毎月の学力診断テストのやり直しをコツコツおこなうこと が、合格への一番の近道だと思います。特に日々宿にきちんと取り組むことがとても大切だと思います。中1からずっとあるものなので、1つ1つ全てを自分のものにすることがで きれば、膨大な知識を手に入れることができます。
 受験に大切なのは、自分を信じ続ける心です。どんなときでも、自分を信じて努力し続けてください。それはきっと報われます。


強い気持ち

2018年中学部修了 女子

 私が受験勉強を始めたのは、部活を引退した8月下旬でした。すぐに8月の学力診断テストがありましたが修猷館を目指すライバルはSSC(修猷館スーパーコース)の授業や合 宿に参加した人ばかり。夏休みの間、あまり勉強ができなかった私はもちろんコースで最下位でした。私はそれがとても悔しかったです。しかし、その悔しさをバネに勉強した結果、 私の偏差値はみるみるうちに上がっていきました。勉強すれば、その分成績は上がるのだということを実感しました。
 また受験を通して、志望校へ合格したいという強い意志を持つことが大切だということも感じました。私が合格できたのは、修猷館への誰よりも強い思いがあったからなのだと思 います。次の受験生のみなさんも、強い気持ちを持ち、諦めずに頑張ってください。


『諦めたらそこで試合終了』

2018年中学部修了 女子

 私は、中1・中2の時は部活に熱中していて疲れて帰宅してすぐに寝ていました。中3になっても受験生としての実感がわかず、同じ生活をしていて、修猷館に合格できるほどの 学力は持っていませんでした。ちょうどその時にSSC(修猷館スーパーコース)のテストがあって運良く合格できましたが、そこからの道のりはつらいものでした。周りは自分よ りはるかに優秀な人ばかりで、成績の伸びもすぐには見られず焦りを感じる日々が続きました。しかし、『諦めたらそこで試合終了』という言葉を信じ、絶対に自分の番号を見つけ るまで諦めないと胸に決め、頑張りました。私が合格できたのは、SSCの先生方、SSCのみんな、そして小6のときからずっと支えてくれた福本先生です。最後まで諦めずに合 格目指して頑張ってください。


自分なりの勉強法

2018年中学部修了 女子

 私は、春期講座で九大進学ゼミと別の塾の両方に通いました。その時に九進の授業、生徒の授業態度、先生方の指導の素晴らしさに気づきました。この恵まれた環境で勉強が出来 たら、どれほど幸せだろうと思いながら、中3に進級した際に九進に入塾しました。
 先生方は、中3から入った私にも惜しみなく熱い指導をしてくださり、自分の夢や第1志望合格をまるで私の家族のように応援してくれました。感謝しかありません。
 私は自分の好きなことを適度にやることで受験を乗りこえました。バスケをしたり、犬に癒されたり方法は様々です。このような私の勉強法であっても塾は反対せずに、見守って くれました。そのおかげで私はこの1年間受験勉強を続けてこれたのです。勉強法は人それぞれ。自分なりの勉強法で受験に打ち勝て!!!


合格に向かって頑張ってください

2018年中学部修了 女子

 受験勉強をしていく中で大切なことは、信じ続け、努力をし続けることです。
 私は中3の夏休みの時点で、偏差値が10以上足りませんでした。周りの人からは、修猷館を受けたいということを言うと、驚かれて心配されました。それでも私は、絶対に修猷 館に行きたいという気持ちを持ち続け、勉強に励みました。しかし、入試まで残り3ヶ月を切っても、偏差値は不安定で志望校ラインを超えたことは一度もなく、不安な日々が続 きました。一度は諦めかけたこともありましたが、誰よりも努力をし続けた成果もあり、そこから追い上げて無事に合格することができました。 
 受験勉強中は不安なことだらけです。しかし、自分と九大進学ゼミを信じ続けることで、必ず夢は叶います。合格に向かって頑張ってください。


SSC(修猷館スーパーコース)

2018年中学部修了 男子

 僕は中1の時から九大進学ゼミに通っていました。中1・中2のときは毎日部活があり、勉強も塾ぐらいでしかしていなかったので、とても修猷館に合格できるほどの学力はな かったと思います。
 しかし、部活を引退し、中3の夏から僕はSSC(修猷館スーパーコース)に入りました。夏期講座では朝から夕方まで授業を受け、学期中も週5日で授業を受ける中で、次第に SSCの仲間同士で激しく切磋琢磨し合うようになっていました。最高の環境で、最高の仲間でありライバルでもある人たちと受験勉強を共にすることができたからこそ、僕は成績 を大きく伸ばすことができたのだと思います。
 受験は辛いものですが、仲間やライバルも1つの大きな支えになると思うので、仲間やライバルを大切にし、頑張ってください。


恵まれた環境の中で勉強できた

2018年中学部修了 男子

 僕は秋まで部活を続けていました。受験勉強と部活の両立は想像以上に過酷でした。それでも「やれることは全部やろう」と思い、必死に努力しました。今思えば、部活があった からこそ僕は時間の大切さに気づくことができ、時間を有効に使うことができたのだと思います。
 SSC ( 修猷館スーパーコース) にはとてもレベルの高いライバルがたくさんいて、SSCのみんなと競い合うことで僕は大きく成長することができました。また、SSCで過ご した時間はとても楽しく、充実していました。
 僕は、このような恵まれた環境の中で勉強できたことに心から感謝しています。これから受験に挑む皆さんも残された時間を大切に使い、高い目標を持って頑張ってください。