受験体験記
修猷館高校
Home > 受験体験記 > 福岡西地区【修猷館高校】
日々宿は一番の勉強道具

普通科 合格 男子

 受験が終わり、やりきったことへの達成感をとても感じています。高校生活への不安は大きいですが、将来に向けて勉強や交友関係など様々なことを頑張っていきたいです。
 受験において後悔していることは、内申です。僕は一年生のころから内申があまり良くなく、3年生でもそれほど良くなかったです。ちゃんと提出物を出しておけば、定期テストで凡ミスしなければと思うと、とても後悔が残ります。
 合格するためにすべきことは日々宿を完璧にすることです。僕は社会や理科の基礎を日々宿で覚えました。日々宿が無ければ、ここまで成績がのびなかったと思います。新中学三年生の皆さんも日々宿をすみずみまで完璧にすることを心がけてください。


最後まであきらめないことの大切さ

普通科 合格 女子

 私が本格的に勉強を始めたのは、3年生の夏でした。自分では一生懸命勉強しているつもりでしたが、何度テストを受けても思うような結果は出ず、不安になることもありました。私は入試本番まで修猷館の合格ラインをこえたことは一度もありませんでした。そんな私が合格することができたのは、どんな時も熱心にご指導して下さり、いつも応援して下さった九進の先生方がいたからです。
 受験生の皆さんに伝えたいことがあります。それは、あきらめないことの大切さです。私自身、最後まで志望校のレベルには届いていませんでした。しかし、だからといってあきらめなかったことが合格につながったと思います。そして、周りを気にしないでください。最後に、九進の先生方を信じて下さい。先生方を信じて頑張れば、必ず合格できます。


夢をあきらめないで!

普通科 合格 男子

 私が本格的に受験勉強を始めたのは、中3の秋でした。部活が長引き思うように勉強時間を作れず、部活が終わったときには私以外全員成績を上げていました。当時、私は修猷館高校を志望校にしていましたが、変えてしまいたいと思うようになっていました。
 そんなとき、背中を押してくれたのが両親や塾の先生方でした。毎日勉強に励み、復習を徹底的に行い、成績は徐徐に上がっていきました。そして、1月の学診で修猷館の A 判定をとることができました。
 挫けそうな時や苦しい時もたくさんありましたが、志望校をずっと変えずにがんばれたのは九進の先生方のおかげです。みなさんも目指している学校をあきらめずに全力をつくしてください。


積み重ねることの大切さ

普通科 合格 女子

 受験を終えた今、私が思うことは、毎日の小さな積み重ねが大きな力になるということだ。
 私は 10 月まで部活があり、大事な時期に勉強から逃げていた。焦りを感じたのは冬。このままでは間に合わないと気づき、不安が募るばかりだった。もう少しできるときに勉強をしておけば良かったと後悔した。
 しかし、結果的には志望校合格をつかむことができた。これは、学校や塾の授業を真剣に受けてきたからだと思う。たくさんの先生のご指導があってこその合格だと思う。ラストスパートはかけれなかったけれど、1年生の時から少しずつ身につけた知識が私の力となった。
 春からは高校生。日々の努力を忘れず、何事にも一生懸命取り組みたい。


ぼくの高校入試

普通科 合格 男子

 僕は中3の春にこの九大進学ゼミに通い始めました。そして、部活を引退すると同時に SSC(修猷館スーパーコース)に入り、修猷館高校に入るという目標に向かって勉強を始めました。最初はなかなか学力診断テストの結果が伸びず落ち込んでいました。それでも勉強量では誰にも負けないという目標と立てて日々宿や先生からのアドバイスをもとに必死に勉強を続けていくと、それまで下がり続けていた偏差値を 12 月で大きく上げることが出来ました。そして、12 月以降も偏差値は少しずつ上がっていきました。受験生の皆さんに心がけてほしいことは、とにかく未解決の問題をそのままにせず先生方に質問して、自分の弱点を見つけるということです。「問題を分析する」ことよりも、「自分を分析する」ことのほうが大切だと思います。


九進でよかった!

普通科 合格 女子

 私な中三の夏休みから九大進学ゼミに入塾し、部活を引退した11一月頃から本格的に受験勉強を始めました。ずいぶんとスタートラインに立つのが遅かった私が修猷館高校に合格することができたのは、九進の先生方の効率的で分かりやすい指導のおかげだと思います。勉強の仕方を知らなかった私も、日々宿などを通して、身になる勉強ができるようになりました。Q トレや冬休みの居残りテストも、はじめは大嫌だったけれど、今ではあのときに復習をする習慣を身につけておくことができて本当に良かったなと思います。
 部活をしていたときから受験直前まで、いつも九進にサポートしてもらっていたと思います。九進で学んだことを忘れずにこれからの高校生活を送っていこうと思います。


志望校合格の鍵、「やり直し力」

普通科 合格 男子

 僕は、修猷館に合格するために重点的に行ったものがある。それはやり直しだ。受験勉強を始めたばかりの頃は、ただ単にたくさんの問題を解くことばかりを考えていた。しかし、バツをマルにかえるためには一度出会った問題をやり直し、完ペキにすることが大事だということに気づいた。それからやり直しが中心の勉強に切り換えると、修猷館を合格するための力をつけられるようになってきた。
 自分の志望校を合格するのは天才であっても誰であっても大変だと思う。受験は最後まで自分と一緒に苦しんでくれた周囲の人に、喜びを与えるものだと思う。 だから、困難で厚い壁にぶち当たってくじけそうになっても、自分や九進を信じて、頑張って下さい。


何かのために

普通科 合格 女子

 私は、中1の春から九大進学ゼミに通い始めました。その頃は修猷館高校に行けたらいいなと思っていたぐらいで、中3の1学期までは定期テストも直前に頑張るだけですぐに内容を忘れてしまうということが多くありました。また、SSC に通うようになってからは、周りの人との実力差を感じ修猷館をあきらめようと考えた時期もあり勉強の意欲はほとんどありませんでした。
 そんな中で、母が体調をくずし入院しました。早く元気になってもらうため、喜んでもらうため絶対に合格しようと思うようになり必死に勉強し合格することができました。
 私は、受験を通して何かのために行動するといつも以上の力が出せることを知りました。また、母の体調を気にかけてくださった九進の優しい先生方には本当に感謝しています。


受験で学んだこと

普通科 合格 男子

 僕は中学1年生のときに九大進学ゼミに入塾しました。1・2年の時は本気で勉強するのは定期テストの前くらいでした。それが3年生の初め頃まで続いていました。全力で受験勉強を初めたのは夏休みの講座からでした。1日 10 時間勉強を徹底しました。そのおかげで偏差値もあがりました。しかし、その後の3ヶ月間はなかなか偏差値が上がらずにあせりました。それでも僕は先生方の「正しい努力を積み重ねれば必ずいつか成果がでる。」という言葉を信じて、塾が休みの日も自習をしてがんばりました。そうすると徐上に成果がではじめ、志望校の偏差値に近づくことができ、合格ができました。受験を通して気付いたことは、日々の取り組みが本番の結果につながるということです。そして何より支えてくれる人たちの大切さに気付きました。


悔いが残らないように。

普通科 合格 男子

 僕は部活が終わった夏から九大進学ゼミに通い始めました。しかし、初めのころは、受験勉強というものを甘く見ていて、勉強時間が足りてませんでした。そして、9月、10 月と月日が1つずつ過ぎていくごとに、焦りと緊張が僕を追い詰めてきました。あのときもっと勉強しておけばよかったと今でも思います。そのため僕の勉強意欲の大部分は焦りと緊張による圧迫感からでした。でも受験勉強の原動力がプレッシャーによる焦りでは、本当に志望校に受かりたい、ライバル達に負けたくない、などのもっとも大切にすべき目的が薄くなってしまい、頭に入る知識も入らなくなるので、絶対に悔いが残らないように、できるだけ早く勉強を始めるべきです。
 僕を今まで支えてくれた先生方や親に感謝します。


僕の受験記

普通科 合格 男子

 僕は九大進学ゼミに入る前、余裕で志望校に合格できると思っていました。しかし、入塾初回のテストでいい点数が出ず、その時の自分の実力を思い知らされました。それから日々宿と学力診断テストのやり直しを徹底しました。日々宿は今まで学校の授業で習った内容を復習できとてもいい教材だと思います。日々宿を徹底していれば成績は上がっていくと思います。
 九大進学ゼミの先生はとても面白く分かりやすい授業で理科の天体の授業はよく理解することができました。成績が伸び悩んだ時期もありました。しかしそういう時期にこそ日々宿の徹底をしました。受験勉強のスタートが出遅れても一生懸命努力すれば、追いつけます。九大進学ゼミで良かったなと思いました。


諦めずに頑張ることが一番大切!

普通科 合格 男子

 僕が入試で一番大切にしてきたのは、諦めずに頑張るということです。
 今、僕の小学校のときの友達に「俺、修猷館にいく」というと100パーセントの確率で「うそやん。」とかえってきます。それほど僕は頭が悪く、やんちゃでした。中学校に入ってからもめだって頭がいい人でもありませんでした。
 僕は、中総体が終わった八月から本格的に勉強をはじめ、成績がグングン伸びました。そして、修猷館を目指すようになりました。僕は絶対におちたときのことを考えず、「俺はうかる。」と思いながら勉強を続けました。成績が下がるなど悪いことがあっても諦めずに勉強し続けました。
 受験本番は本当にきもちの勝負だと思います。諦めず強いきもちで頑張ってください。


受験を終えて

普通科 合格 男子

 僕は、九大進学ゼミに、中3の2学期に入りました。他の人と比べ短い期間ではあったものの、充実した時間を過ごすことができました。そして、入った時から偏差値を5も上げてくれました。先生方には授業時やテストの時に分からなかったことの質問にも親切かつ丁寧に答えてもらったり、相談にのってもらったりして、とても感謝しています。僕が特に力を入れたのは日々宿の徹底、テスト後のやりなおしです。日々宿には基本的な内容の問題が多くあり、ケアレスミスを無くすよい練習になりました。やりなおしは一度間違えた問題を間違えない意識づけになりました。先生方の言うことを忠実に聞き、実践すれば受かります。みなさんも頑張ってください。ありがとうございました。


苦手と向き合う

普通科 合格 女子

 これから受験を迎えるみなさんには2つのことを行なってほしいと思います。1つ目は質の良い勉強をすることです。自分が今勉強している内容に疑問をもち、深く知ろうとする態度で取り組むと勉強が楽しくなり、内容の理解も速くなります。2つ目は受験後の自分を想像することです。私の場合は、「ピアノを弾く」や「星のついた制服を着る」などを書き出しました。これが、自分のやる気を起こすきっかけになったと思います。
 勉強は辛いことや泣きたくなることばかりです。しかし、辛いと感じるのは自分の苦手なことに向き合っている証拠でもあります。また、その辛さも少しの喜びで乗りこえることができます。だから、絶対に最後まで諦めないで自分を信じ、努力し続けてほしいと、切に願います。


自分を信じて

普通科 合格 女子

 私は、中3の夏まで部活が忙しく、全くと言っていいほど勉強をしていませんでした。そのため、7月のテキスト結果はぼろぼろで、とても修猷館にいけるような成績ではありませんでした。
 そんな私を変えてくれたのは、SSC です。SSC のみんなはとても優秀で、部活を引退した直後の私にとっては、高嶺の花のような存在でした。SSC のみんなに追いつきたい、負けたくないという思いで、九進の先生方から言われたことを徹底的に行なった結果、テストの成績をのばすことができました。成績が伸びなやんで、落ち込んだり、もうだめだと思うこともありましたが、自分が今やっていることは無駄ではないと信じ続けることで、乗り越えていくことができました。みんなも自分を信じて頑張ってください。