受験体験記
筑紫中央高校
Home > 受験体験記 > 福岡南地区【筑紫中央高校】
九大進学ゼミでの学び

普通科 合格 女子

 私は、小学 2 年生の末に塾へ入りました。小学生の頃は、算数と国語のテキストを使い、6 年生では授業に参加しました。九進の先生は、全員とても話しやすくて優しくて、面白い方なので、塾の授業はとても楽しかったです。中学生になってからは、授業時間も延び五教科の授業になりました。1 年に 5 回あった定期考査では、塾があったから良い点数を維持できました。小・中学生では日々宿があったので毎日勉強できていました。しかし、高校生ではベースを固める日々宿がないので毎日勉強するため、時間を有効に使っていきたいと思います。九進では、勉強のことはもちろん、周りの人に感謝することなど、精神的な面でも学ぶことができました。高校でも塾での学びを活かして、勉強や、その他のことにも全力で取り組んでいきます。


苦手教科を得意教科に

普通科 合格 女子

 私はずっと数学、理科、社会の点数がとれずに 3 年生をむかえました。3 年生になると、内容も難しくなりもっと苦手になりました。そんなときに九大進学ゼミに入って勉強の進め方や点を取る方法、もっと簡単に問題を解くコツなどを教わりました。そこから学校のテストで点が取れるようになり、苦手教科も勉強するのが楽しくなりました。分からないところがあっても先生が分かりやすく教えてくださるので頭に入りやすく、同じミスをしなくなりました。私が受験勉強の基盤においたのは日々宿です。日々宿は基礎問題から入試問題まで幅広く取り扱っているので、日々宿でまちがえた問題をもう一度解くことでケアレスミスを防げます。皆さんも入試直前になって焦らないようにコツコツと頑張ってください。


受験を経験して

普通科 合格 女子

 私は、中学 3 年生の夏期講座から塾に入りました。夏期講座の後半の時期に入院と重なり行けなくなることが多くなりました。2 学期も休みがちだったけど、いつも塾の先生たちは声をかけてくれて、塾に行きやすかったです。受験する高校を選ぶときも、親身になって考えてくれました。分からないところを聞いても、丁寧に教えてくれて出られなかった授業を埋めることができました。
 受験が近づいてくると不安が大きくなったけど、自分で教科別に要点をまとめたり、テキストを解いたりしました。そのおかげで、成績が少しずつ伸び、受験を迎えられました。
 私は、この九大進学ゼミに入り努力することの大切さを学びました。この経験を、将来活かしていきたいです。


九大進学ゼミの良さ

普通科 合格 男子

 僕は、受験に向けて日々の宿題をがんばってきました。日々の宿題は、基本的な要所から、発展的な問題までおさえています。これを毎日欠かさずに、集中して取り組むことで、受験の時のケアレスミスを減らすことができました。また、分からないところは先生に質問し、しっかり理解することが、受験の時の安心感となって、落ちついて受験をすることにつながりました。分かりやすい指導をして下さった九進の先生方に感謝しています。
 九進では、分かりやすい授業と繰り返し問題に取り組むことで、問題を解く力と考え方を身に付け流ことができました。先生方のしどうが、僕の力につながりました。九進で学べてよかったです。


先生ありがとう

普通科 合格 男子

 僕は、正直勉強が苦手でした。スポーツで高校に行こうとも考えていました。中体連でも結果が残せず、学力で高校に行くことを決めました。夏期講座からこの九大進学ゼミに入り、本格的な勉強が始まりました。しかし、塾の友達とふざけたり、お話に夢中になったり、挙げ句の果てに蛍光灯を割ってしまったりもしてしまいました。そんな僕にも優しく寄り添い志望校合格のため強く背中を押してくれる先生を受験当日までずっと信じて頑張ってきました。
 テスト本番はほどよい緊張で受けることができました。先生が印をつけてと言っていた問題も出題されて、「先生を信じて勉強してきてよかった。」とテスト中思ったりもしました。様々な場面で成長できて心から感謝しています。ありがとう。


塾に入って変わったこと

普通科 合格 女子

 私は、九大進学ゼミに通う前は、定期テストの偏差値が 50 以下でした。でも、入塾してからの定期テストでは、偏差値が伸びていきました。九大進学ゼミの定期対策と日々宿をくり返し頑張ったおかげで偏差値が 59 まで上がり、行きたいと思っていた高校を目指すことができました。入塾してから変わったのは、テストを受けた後の見直しです。以前は、テストの結果を見て落ちこむか喜ぶかで終わっていましたが、今は結果を見て、何が出来ていなかったかを確認し復習するようになりました。分からない問題は理解出来るまで質問をさせてもらいました。そうやって苦手をなくすことで、着実に点数を上げていくことが出来ました。私がこのように結果を残せたのは、支えてくれた周りの人達のおかげなので、感謝しています。


日々の積み重ねが合格のもと!

普通科 合格 女子

 私が受験勉強で頑張ったことは日々宿と学診のやり直しです。日々宿は毎日かかさずにしないといけなくて大変でした。けれども、日々宿は中学校 3 年間で学んだ基礎であるところや、社会や理科の重要語句、数学の小問集合などがあり、力がつきました。学診のやり直しは 12 月ごろまでは、面倒くさいと思って、していませんでした。すると成績がなかなか上がらなかったので学診のやり直しをノートにまとめました。社会は記述問題が多くて、とても大変でした。けれども、入試でたくさん記述問題で出て、おぼえていたのがそのまま出たのもあり、あせらずに解くことができました。受験生の皆さん、日々宿や学診のやり直しは大変ですが、しっかりやると、必ず力がつきます。手を抜かずに頑張ってください。


九進に入ってから

普通科 合格 女子

 私は、中学 3 年生の夏頃から九進に通いはじめました。夏期講座では 100 トレがあり、正直単語を覚えたりすることが大変な時もありました。しかし、受験が近づくと、100 トレのありがたさが分かりました。100 トレのおかげで覚えた単語数が増え、苦労がへりました。また、毎日の日々宿も、欠かさずに行うことで、少しずつではあったけど、解ける問題が増えました。
 毎日欠かさず課題を行い、勉強することは大変だと思いますが、少しでも分かるようになると、達成感が得られます。その積み重ねが、自分を成長させるかぎだと思います。
 九進に入ったことで、自信がつき、いつでも全力で取り組むことができました。ありがとうございました。受験頑張って下さい!