受験体験記
筑紫丘高校
Home > 受験体験記 > 福岡南地区【筑紫丘高校】
初めての受験

普通科 合格 女子

 私が九進に通い始めた頃は、親に言われて仕方なく通っていました。勉強しなければならないのは分かっていても、今までまともに家庭学習をしてこなかったため、通塾と毎日の日々宿は私にとってとてもつらいものでした。しかし、学力診断テストの度に自分の学力の向上に気づき、勉強がおもしろくなりました。塾では、学校では教えてくれないことをたくさん教えてくれるし、先生方の指導は熱く、丁寧で、勉強の楽しさを知ることができました。つらいことはたくさんありますが、続けて頑張れば、必ずたくさんのことが身につきます。「継続は力なり」という言葉の意味を実感した一年でした。高校でも、中 3 での頑張りを忘れず、将来の夢を叶えられるよう何事にも全力で取り組みます。九大進学ゼミの先生方、本当にありがとうございました。


九進のサポート

普通科 合格 女子

 私は中 1 の頃から筑紫丘に行きたいと思っていました。塾に入る前は、具体的に何を勉強すれば良いか分かりませんでした。しかし九進に通い出してからは、日々宿や日々宿プログレスなどを利用して効率良く勉強をすることができるようになりました。
 また、夏の合宿や TOP 校では、自分よりもレベルが高い人たちから刺激を受けることができ、とても良い機会だったと思います。
 私は学力診断テストのやり直しを頑張りました。「模試ノート」を作ることで、自分の苦手なところが一目で分かり、またそれが自信にもつながりました。私は、先生から言われたことを徹底すれば、成績は伸びると思います。私も入塾時から偏差値を約 8上げることができました。自分が行きたい高校をあきらめず、コツコツと頑張ってください。


私が受験を通じて感じたこと

普通科 合格 男子

 私は、7 月の学力テストを受けたとき、筑紫丘高校にはいくことができないと感じました。8 月、9 月の学力テストでも、一度も A 判定にならず、春日高校にいこうと考えていました。しかし、 10 月、11 月、12 月の学力テストを通して、少しずつ成績が上がってきていることが分かり、自信につながりました。結局、一度もA 判定になったことがなかったけれど、合格することができました。
 私はこのことから、A 判定にならずとも、自信を持ってしっかり勉強することができれば、合格することができると感じました。また、最後まで先生を信じて、日々宿を毎日こつこつやっていくと、学力が上がっていくことが分かりました。私は、九大進学ゼミに通うことができて、本当によかったと思っています。


ありがとうございました

普通科 合格 女子

 私が九大進学ゼミに通いはじめた理由は、家から近かったからという理由だけでした。最初はそれだけの理由でしたが、通い続けたのには九進の受験に特化したカリキュラムのよさというのが大きな理由となっていたと思います。
 まず日々宿です。勉強するという習慣がなかった私が、毎日、同じ時間に基礎的な問題を解くというのはとても大きかったです。おかげで、基礎問題だけでなく基礎をもとに応用問題を解くことができました。
 次に豊富な教材や受験の情報、様々な方向から分析してもらえるテストです。自分の弱点を知り、志望校の情報をもとに弱点を教材やプリントでなくしていきました。
 土井良先生をはじめ、九進の先生方のわかりやすい授業に感謝です。ありがとうございました。


九進に入って良かった

普通科 合格 女子

 私は中学 2 年生の冬休みから九進に入りました。九進には、他の塾にはない毎日行う日々宿があって、それとまた別に教科からの宿題があり、けっこう大変でした。だから、やりたくないなと思ったことが何回もありました。でも今思えば、日々宿があったからこそしっかりと基本を身につけることができたと思います。私は推薦入試で合格することができました。最初は、推薦入試をうけようかとても悩んでいましたが、先生が励ましの言葉をかけてくれたのでやってみようという気持ちになり、とても自分に自信がつきました。中学 3 年生になってけっこうきつかったけれど、先生方の言葉が毎日自分達を支えてくれました。九進の先生は本当に優しくて、とても熱心で本当にいい先生ばかりです。困った時は先生を頼って下さい!!


人生初の受験

普通科 合格 女子

 私は 1 年生の頃、定期テストで 450 点以上とったことは数回しかありませんでした。その頃は、筑紫丘を目指すどころか、行きたい高校すらありませんでした。しかし、私が 2 年生のとき、姉が筑紫丘に入学して毎日楽しそうにしている姿を見て、私も筑紫丘に入りたいと思うようになりました。3 年生になって塾に入ってから、本当に筑紫丘に合格できるのだろうか、と不安になりましたが、先生方が優しく、分かりやすく教えて下さったおかげで、偏差値が大きく上がりました。
 受験は、とても苦しく、辛い体験です。もし、辛くてどうしようもなくなったら、泣くとすっきりすると思います。でも、大切なのは、泣いてすっきりしたらすぐ気持ちを切りかえることです。辛いこともバネにして頑張ってください。


九大進学ゼミのおかげ

普通科 合格 女子

 私は、中学 1 年生に友達からさそわれて、筑紫丘を目指すようになりました。でも、そのころは全く成績も届いていなかったし、他の塾の志望校判定テストを体験で受けてみても、結果は悪く、その塾の先生にも厳しいだろうと言われて、筑紫丘はもう半分あきらめていました。でも 2 年生から九進に通うようになって、成績が伸び、学校の定期テストででは今までに全く届いていなかった 450 点台に届くようになりました。そして 3 年生の志望校判定では、A 判定をとることができるようになりました。九進の先生が分かりやすくて優しくておもしろかったので、私は今まで塾を続けてこられたし、自信を持って筑紫丘を受験できました。とても感謝しています。私は九進に通うことができて本当によかったと思います。


九進で良かったこと

普通科 合格 女子

 私は 1 年生の頃に全く勉強をしなかったので、2 年生の春期講座から九進に通い始めました。九進に入塾したことで、定期考査では 50 点以上伸ばすことができ、内申点も 40 を超えるようになりました。
 私は筑紫丘高校を志望していましたが、3 年生の初めの頃は D判定ばかりでした。だから、日々宿をやり直しまで丁寧にして、苦手なところを克服できるようにしました。また、TOP 校に通い、レベルの高い人たちの刺激を受けながら、毎月偏差値を伸ばしていくことができました。
 授業後には分からない問題の質問や、先生が用意してくれた問題を解くことで、確実に力が身に付いていきました。熱心な先生方ばかりだから、九進で本当に良かったです。


合格への道

普通科 合格 女子

 私は、国語と数学が他の教科に比べて、点数がとれず、伸び悩んでいました。家では解けた問題がテストになると解けなくなるということが多かったです。そこで、家でもテスト形式で問題を解いたり、時間を計って解くようにしました。すると、時間配分の目安が分かったり、解き方のコツが分かるようになりました。国語は、全国の入試問題を解き、数学は苦手な分野の問題を毎日一つずつ解くことで、自信をつけることができました。
 九大進学ゼミの先生は、面白くて分かりやすい授業をしてくれます。分からないところは、分かるまで教えてくれます。だから、安心して最後まで受験勉強を頑張ることができました。高校でも、先生方から教わったことを活かして、頑張ろうと思います。


自分を信じる

普通科 合格 女子

 私は中学 3 年生の春休みから九大進学ゼミに通いはじめました。最初の学力診断テストでは、志望校の基準偏差値よりも 20ぐらい偏差値が低かったです。夏休みまでは成績もあまり上がらず、志望校を変えようかと思ったし、志望校を口に出すのも恥ずかしかったです。でも九進の先生がずっと支えてくれたので、夏の合宿にも行くことができ、成績も少しずつ上がりはじめました。そして TOP 校にも通うようになり、自分に自信がつき、志望校を自分の口から言えるようになりました。そして自信を持って入試を受けることができました。
 今まで熱心に勉強を教えて下さった先生方ありがとうございました。
 そして後輩のみなさんも最後まであきらめずに頑張ってください。


意識が変われば

普通科 合格 男子

 私は、1 年生の春休みに塾に入りました。最初は、よく分からずに塾にかよっていました。しかし、少しずつ定期テストの結果が良くなるにつれて、様々な意識をするようになりました。また、立つの合宿や TOP 校を通してもその意識が強くなりました。私はこの意識が大切だと思います。ですが、その意識は人それぞれですから、ここに明確に書き示すつもりもありません。そして、意識を持つことが大切だという意見を押し通すつもりもありません。あくまで、これからの受験生へ送るひとつの体験談だと思ってください。
 きっと今、あなたの手元には様々な勉強方法があると思います。そして、それをしようか悩んだときは、まずは日々宿をすることをおすすめします。あなたの意識を変えるきっかけになるかもしれません。