受験体験記
玄界高校
Home > 受験体験記 > 福岡東地区【玄界高校】
私を支えてくれた日々の宿題

普通科 合格 女子

 私は、中学2年生の冬休みから九大進学ゼミにかよい始めました。塾には、入ったけどやる気もでらず、日々の宿題だけやっていればいいやという甘い考えで毎日をすごしていました。中学3年生になると“受験”という言葉をよくきくようになり、あせりもでてくるようになりました。私は兄がいった玄界高校に絶対行きたいという思いがあったので、苦手な社会と理科を頑張ろうと思いましたが、何を細くすればよいのか分からず、困っていたとき、日々の宿題をもう1度ときなおしていこうと思いました。すると、前まであったあせりもなくなり、安心して受験にのぞむことができました。九進の先生が応援をしてくれたおかげや両親の支えもあり、ここまでこれたので、高校生活もこのまま頑張っていきたいです。


塾に行って良かったこと

普通科 合格 男子

 僕は中学生になってすぐに九大進学ゼミに通い始めました。当時は勉強がとても苦手で日々の宿題も嫌でした。でも今では日々の宿題をやっていて良かったと思っています。3年生になると日々の宿題が5ページになるのは相当辛かったけど一生懸命やり、その後に解答の解説をみて少しずつだったけどできる所が増えてきたからです。高校に合格したのは日々の宿題のおかげだったと思います。 九大進学ゼミで学んだことは、「日々の努力の大切さ」だと個人的に思っています。なぜなら日々の宿題などがなかったら高校に合格できていなかったと思っているからです。一日一日少しずつでも勉強することの大切さがよく分かりました。これからも努力をすることを大切にしていきたいと思います。


日々の宿題の大切さ

普通科 合格 女子

 私は、中3の6月から九進に行きはじめました。私は勉強がとても苦手で、学校のテストなどの順位は半分より上になったことがなく、全然良い点数をとっていませんでした。でも日々の宿題を毎日やっていたら、テストでの計算問題はとてもスラスラ解けるようになりました。公立入試での計算問題で全問正解していたのも日々の宿題のおかげだと思っています。そして一番苦手な理科と社会も公立入試までの2か月間で必死に勉強しました。九進でもらった年号の暗記プリントをトイレやお風呂にはってちょっとでも時間がある時はそれを見るようにしました。そうすると、はじめはなかなか点数がとれなかったけれど、公立入試本番では、目標の点数を越えることができました。まずは日々の宿題をちゃんとする!みなさんも頑張ってください!