受験体験記
九州高校
Home > 受験体験記 > 福岡東地区【九産大付属九州高校】
支えてくれた人たちのおかげで

スーパー特進 合格 女子

 私が九進に通いだしたのは中学1年生のころです。はじめのころは点数がとれていましたが、中学3年生になってからのテストでは、思うような点数が取れなくなったときもありました。でも、部活を引退して迎えた夏期講座から、今まで以上に塾の先生の言うことをしっかりきいて、一生懸命に励みました。すると、はじめはC判定だった志望校判定がA判定になりました。そのときはとても嬉しかったです。
 九進では、効率の良い方法で勉強ができるので、とても楽しく受験勉強ができました。周りの人たちのおかげで今があると思っています。今まで支えてくれた塾の先生方、友達、家族、全員に感謝しています。ありがとうございました。高校でも将来の夢のために頑張っていきます。


努力の大切さを学んだ受験勉強

スーパー特進 合格 女子

 私は、中学3年生の春から九進に通い始めました。私はもともとは勉強が好きではなかったので、九進に入塾するまでは最低限の勉強しかしてきませんでした。しかし、九進に入塾してからは、日々の宿題があったので勉強量が増えました。また、TOP校選抜コーや、夏期勉強合宿に参加し、さらに勉強量が増え、しだいに勉強が好きになりました。
 私が最も勉強をがんばったといえる夏の後の8月学力診断テストで、7月よりも偏差値を落としていてとても悔しい思いをしました。その悔しさをバネに平日5時間以上、土日10時間以上の勉強を徹底して行いました。その結果、次の学力診断テストで自分の思いどおりの結果を出すことができました。努力を続けることは大切だと改めて思いました。高校では今よりも勉強に励みたいと思います。