福岡大学

NEVER GIVE UP!!!

2018年高等部修了 男子

 私は高校三年生の夏から入塾しました。入った当初は本当に頭が悪く、模試で偏差値50 以下はあたりまえ、30、20台もごろごろありました。そんな状況に危機感を感じていた母親が、高校受験の際にお世話になったこの九大進学ゼミに連絡し、半ば無理やり入ることになりました。自分自身も、 その頃から危機感を感じていたため、それからはほとんど毎日のように塾に来て講義を受けたり自習をしていました。
 しかし、やはり受験勉強を始めたのが遅すぎたため、国公立に落ち、私立の前期にも全て落ちました。それでもあきらめず毎日塾に勉強をしにきていました。その甲斐あって、なんとか私立の後期で受かることができました。大事なことは何が何でもあきらめないこと! NEVER GIVE UP!!!


自分の夢に向かって

2018年高等部修了 男子

  私は高校へ進学し、これから勉強していくことを考えていると嫌な気持ちでいっぱいでした。就職をする上で学歴は大切なので、とりあえず次の目標は「難関大学」へ合格すると決めました。しかし、「難関大学」とは何かを私は理解していなかったのでもっと高校卒業後の進路について悩みました。
 とりあえずやみくもに勉強するのではなく夢を持って、それを実現するために勉強をすればよいのだと思い大学受験をしました。偏差値が高い大学に入学することではなく、自分が将来は何になって何をしたいのかと具体的に考えて実行することが一番大切だと思いました。
 やらずに後悔することは一生の後悔を招きます。今のうちから自分の夢に向かって努力を続けてください。応援しています。


走り抜けてゴールしましょう!

2018年高等部修了 男子

  僕はこの高校三年生で受験を経験し、これから受験を迎える人たちに伝えたいことが2つあります。
 1つ目に、僕は1、2年生のころに勉強というものを頑張ってきたわけではありません。しかし、これを聞いて安心せずに必ず1、2 年生のときから勉強をしてください。もちろん部活をしていたりする人もいると思います。だから、普段の授業を大切にし、中間、期末のテストを全力で取り組みましょう。
 2つ目は成績が上がっていても、決して安心して勉強をサボらないでください。僕は必死に英語と日本史をやって成績が上がりましたが安心して少しサボってしまいました。必ず最後までやり遂げてください。
 受験はどこまでやればいいのか分からないと思いますが走り抜けてゴールしましょう!


信じて努力すること

2018年高等部修了 男子

 僕は、中学から九進にお世話になっていて元々勉強は好きでも得意でも無くて、大学も2年生の頃までは行けるとこに行ければいいやという感じでした。しかし、3年生になって本格的に周りが進路について考え始めたとき、塾長や、個別指導の先生と多く相談していくなかで、本気で大学に行きた いと考えるようになりました。それからは学校での生活態度や部活の活動も、それまでの倍以上まじめに取り組んで、その結果、指定校推薦を頂いて、無事に希望の福岡大学に合格することができました。僕がこの受験で大事だと思ったのは、自分のことを真剣に考えてくれる先生の言うことをしっかり 聞き、信じて努力することだと思います。中1から6年間九進に通っていて本当に良かったです。ありがとうございました。