北九州市立大学

できないことをできるようにする機会

2018年高等部修了 女子

 私が合格することができた最も大きい要因は、ずっと苦手であった英語を入試で得意科目という武器に変えることができたことにあると思います。その変化には九大進学ゼミにおける@will の映像授業と自主学習ができる環境が必要不可欠でした。英語はとにかく文構造を把握し、単語1つでも意味 ごとに分解して覚えるということが私が苦手を克服することにつながりました。そして、何気ない話や進路、勉強に関する相談に親身にのってくれる先生方がいらっしゃったことが心の支えとなりました。
 受験勉強は自分のできないことをできるようにする機会だと思えば、辛いだけでなく楽しく感じられると思います。これから頑張る皆さん、自分の志望校に向けてつき進んでください。


人生のスタートライン

2018年高等部修了 女子

  私は中3のときから九大進学ゼミに通いはじめました。高校受験を乗り越えて、その緊張感の欠如や部活動などから、高1、高2のときは高校の課題以外で勉強することは殆どありませんでした。高3 になりそれではいけないと思い、九進の自習室に毎日通うようになりました。そのとき一緒に受験のために頑張っている仲間や私のことを全力でサポートしてくれる先生方の存在に気づきました。私は周りの方々の支援もあり合格できました。私から受験生の皆さんに2つアドバイスします。1つ目は周りにいる人々を頼り、何でも相談してください。きっとあなたの心が軽くなるはずです。2つ目は「自分のやりたいこと」を常に心に持っていてください。受験とは自分を高めることがあると同時に、これからの人生のスタートラインに立つことです。あなたの活躍を心から願っています。


感謝しています

2018年高等部修了 男子

 私が今回の受験を通して感じたこと2つあります。
 1つ目は、毎日継続することの大切さです。よく1日休んだら戻すのに3日かかると言われますが、それを強く感じる日々でした。特に英語は毎日勉強しないととても苦労しました。
 2つ目は、友達の大切さです。私はこれが1 番大きいと感じました。1 人では途中で息切れしてしまうこともありますが、周りの友達がいることで自分も頑張ろうと思えるし、話をすることで良い気分転換になりました。
 また、九進の存在は大きいと感じたのは、センター試験が終わってからでした。周りで受験勉強をする人が私立専願などで減っていき、気持ち的にきついときに、先生方と話すことでやる気になり、乗り切れました。周りの方々に支えていただき感謝しています。