大分大学

受験勉強は早い時期から始めて欲しい

2018年高等部修了 男子

 大学受験を体験して、僕ができるアドバイスをしていきたいと思います。
 まず、みなさんが学校や塾で受ける模試を大切にした方が良いということです。センター本番、特に数学ではとつもない重圧がのしかかってきます。1つでもマークがずれたり、少しでも計算ミスをすると点数が大きく下がってしまうからです。だから、模試は緊張感を持って受けて欲しいと思います。
 次に、模試のやり直しはきちんとした方が良いということです。模試は自分の分からないところをあぶり出す良い機会です。やり直しは分からないところばかりで心が折れそうになりますが、点数アップに直結しているのできちんとして欲しいと思います。
 最後に、受験勉強は早い時期から始めて欲しいということです。


自分の気持ちを貫く

2018年高等部修了 男子

  私が大分大学を第1志望に決めたのは高校3年生の初めでした。私はそれまで県外の大学への進学を考えていましたが、家の事情などを考えて地元の大学に進学しようと考えました。進路の決定後はそれまでに比べて勉強に対する気持ちが変わり、早く進路を決めてよかったと感じています。しかし最終的な進路決定の時に、それまで順調だった成績が推薦入試に時間をかけたことで伸び悩んでしまい、センター試験の判定がC判定となったことで、担任の先生から進路の変更を勧められました。私は塾の先生に相談し、大丈夫だと言われたことで自信につながり、自分の気持ちを貫くことができました。また、学習については、数学や物理が理系であるのに関わらず苦手でしたが、諦めずに続けたことが結果につながったと思います。