受験体験記
八女高校
Home > 受験体験記 > 筑後地区【八女高校】
九進の思い出

普通科 合格 女子

 私は中学 1 年生の春期講座の時に入塾しました。今までやって良かったと思うことは日々宿です。毎日の日々宿を続けることは大変でしたが、勉強をする中で重要なポイントや苦手な問題の復習をすることができました。日々宿のおかげで毎日あきらめずにコツコツと勉強に取り組めたと思います。また、定期テスト前などに分からない問題を質問すると先生方は、分かりやすく熱心に教えて下さいました。
 推薦入試の面接や集団討論の練習の際、的確なアドバイスをして下さり、本番で力を出しきることができました。そして合格内定をもらうことができたとき、人一倍喜んで誉めて下さった塾長には、とても感謝しています。
 私は、九進だったからこそ努力し続けることができたと思います。


努力の先にみえるもののために

普通科 合格 男子

 私は中学 2 年生の時に九大進学ゼミに入塾しました。入塾する前は、学校の定期テストで学年 60 位位でしたが、入塾してからは学年 8 位になることができました。また、私は中学 3 年生の 7 月まで志望校が C 判定で偏差値が 49 しかありませんでしたが、九進の先生方が私の苦手分野をしっかり理解しいつも支えてくださったおかげで偏差値を 60 まで上げることができました。そのようにがんばれた理由はもう 1 つあります。それは、中学校の先生になりたいという夢があるからです。私は勉強のやる気があまり出ませんでしたが、中学校の先生になるためにはいまのままではいけないと感じ一生懸命勉強したら、やる気も上がり、テストの点数が上がりました。私はこれからも夢に向かってがんばっていきたいです。


九進に入ってからの努力

普通科 合格 男子

 私は中学 2 年生から九大進学ゼミに入塾し、第一志望校に合格することができました。私は中学 1 年生の頃から志望校を決めていました。しかし、入塾したばかりの頃は、成績が伸び悩んでおり、D 判定ばかりが続いていました。でも、私は、その学校にどうしても入学したかったので、中学 3 年生の部活を引退した後から努力を重ねてきました。そのおかげか、中学校から推薦をもらい学診でもA判定を安定して取ることができるようになっていました。このようになれたのは、勉強をめんどくさいものと思わせない、面白い九進の先生方がいたからだと私は思っています。
 今まで私を支えて下さった先生や家族、友達に感謝しています。今までありがとうございました。