受験体験記
伝習館高校
Home > 受験体験記 > 筑後地区【伝習館高校】
自分を見るきっかけ

普通科 合格 女子

 私は、推薦入試で受験をしました。学校生活の積み重ねとしての内申、作文と面接で自分の対応力が試されました。自分はなぜ高校に行くのか、将来どうなりたいのか、そのためにどうしていくのかなど、多くの質問を自分に投げかけ、考えるきっかけになりました。私は、受験を通して自分を見つめ直すことができました。ただなんとなく進学するのではなく、目標を持って努力していこうと思えました。その時に、「しなくて良いならしたくない」と思っていた勉強が「したい」「しないといけない」と思うようになり、苦でなくなりました。人生において、初めての大きな壁ではありますが、これからもっと大きな壁が待っていると思えば、上を向いて努力していけそうです。受験は私に自分を見せてくれました。


受験を終えて思うこと

普通科 合格 女子

 私は中学 1 年生の秋から九大進学ゼミに入塾しました。入塾前は勉強の要領がつかめず、不安な気持ちがありましたが、九大進学ゼミだったからこそ自分に合った勉強方法を見つけ、成績を伸ばすことができたと思います。3 年生からの日々宿は量も増えて大変でしたが、特に苦手な社会は間違えたところを繰り返し解き直しました。毎日やることで、大きな力になったと思います。集団授業では、同じ目標を持つ仲間がいたことで、最後まで勉強を頑張ることができました。また、先生方の授業はわかりやすく、面白くて、塾に行くことが楽しみでした。推薦入試に向けての練習も何回もしてくださり、本番では練習の成果を発揮することができました。これまで支えてくれた家族や先生方、仲間への感謝を忘れず、高校でも頑張っていきたいです。


九大進学ゼミのおかげです

普通科 合格 男子

 僕は、この九大進学ゼミに来ることで家庭学習の勉強を増やし、中身の濃いものにすることができました。僕は勉強がとても嫌いでした。勉強が嫌いだからしなければいけない提出物なども出さずに学校生活を過ごしていたから当たり前のように成績が落ちていきました。そんな時に九大進学ゼミに来て、先生と出会って勉強への態度を 180 度変えることができました。3 年になると受験生という態度も出てきて、塾がない日も塾に自習をしてくるようになりました。先生からの勧めではあったものの、しっかりと毎日塾に来て、来たる受験の日に備えて猛勉強しました。そして、受験当日、苦手としていた数学も全くわからないというような問題がなく解くことができました。そして九大進学ゼミのおかげで志望校に合格することができ、感謝です!


失敗から学んだこと

普通科 合格 女子

 私は伝習館高校に入学することが夢でしたが、努力が足りず諦めかけていました。2 年生の 2学期から九大進学ゼミに通い始め、明確な目標となりました。推薦入試で不合格となりましたが立ち直り、一般入試で頑張れたのも九大進学ゼミのおかげだと思います。夏期講習や春期講習での毎日の授業、100 問トレーニング、年末年始大特訓、毎日の日々の宿題などこれまで九大進学ゼミで頑張ってきたことが自信となりました。先生方も今まで頑張ってきたから大丈夫と励ましてくださいました。
 受験を通して、自信が持てるぐらいの勉強をすること、日々の努力は裏切らないこと、先生や友達の支えは力になることを学びました。高校では日々努力することを忘れず、夢に向かって進んでいきたいです。


九大進学ゼミに入塾して良かったこと

普通科 合格 男子

 私が受験に向けて勉強してきたなかでとても役に立ったのは、毎日の日々宿です。
 日々宿では、理科や社会の重要語句の確認や、国語や数学、英語の実践練習をすることができました。その中でも特に、数学では毎回大問 1 の練習をすることができたので、受験本番も自信を持って大問 1 を解くことができました。そうすることで確実に点数をとれるようになれたのでとても良かったです。
 また、受験前に解いた予想演習もとても役に立ちました。実際にそれを解いていたから、復習して、解くことができるようになった問題も多くありました。
 このように、九大進学ゼミに入塾すると、受験に役立つことがたくさんあります。今では、本当に九大進学ゼミに入塾できて良かったと思っています。


受験を通して学んだこと

普通科 合格 女子

 私は、今回の受験でたくさんのことを学びました。私が学んだことの中で 1 番心に残っていることは、分からない所を復習して何度も解き直すことです。
 私はいままで、いろんな人から復習をしなさい、くり返し解いてみなさいと言われました。正直、最初はくり返し解いたり、復習をするのがめんどくさいと思っていました。でも、1度だけやってみようと思い、1 教科だけ分かるまで解きました。その結果、次のテストや宿題に出た時、スラスラととまどいもなく解くことができました。そこで初めて、復習すること、そしてくり返し解き直すことの大切さを知りました。
 今後の生活でいろいろ学ぶこともあると思うけど、今回学んだことを忘れずにいろんなことに挑戦しようと思います。


ちりも積もれば山となる

普通科 合格 男子

 私は、伝習館高校の推薦入試を受験し、合格内定をもらうことができた。まずは、自分の 1 番近くで支えてくれた家族や勉強を教えてくれた学校、塾の先生方や友達に感謝したい。そして、その応援によって実現した高校入試で学んだことを述べたい。それは、小さな努力を積み重ねることの大切さだ。私は、推薦入試対策として、新聞を読んだり、ニュースを見たりした。そこで見た事柄が入試で聞かれる可能性はかなり低いが、自分なりの意見を持ちやすくなった。また、一般入試対策として、学校で 20 分間ではあるが、朝自習に集中して取り組んだり、塾で基本的な内容が載った日々宿を解いたりした。どちらも同じようなことの繰り返しだが、テストでの凡ミスが大幅に減った。これからも、小さな努力を積み重ねることを続けていきたい。


受験を通して感じたこと

普通科 合格 男子

 私がこの 1 年間を通して感じたことが 2 つあります。
 まず、1 つ目は特に 12 月~ 3 月がとても辛かったことです。テレビやゲームの時間などけずって勉強していたからです。
 次に、2 つ目はもっと早めに勉強を始めていればと思いました。私が勉強を始めたのは、2 学期の 10 月でした。だから、1 日にする勉強量が多くなって 1 つ目に書いてあるようなことになったと思います。今から中 3 になる人には、早めに勉強を始めた方がいいと言いたいです。
 最後に、3 つ目は勉強の仕方です。私は、ただ勉強するのは良くないと思います。私の場合、途中で休けいしたり、簡単に暗記できるように工夫したりしました。塾の先生方今まで、ありがとうございました。


がんばった半年

普通科 合格 女子

 私は本格的に受験を意識し始めたのは、11 月ごろです。そのころから、放課後学校にのこって友達と勉強をしていました。分からないところを友達に教えてもらったりしたので、解けない問題が解けるようになりました。冬休みに入り、塾の冬期講座が始まったころ、先生がたは実戦問題を解くと良いよと、言っていました。私はこのころから過去問を解いていました。しかし、私立高校の結果が自分の思った通りではありませんでした。また、模試の結果がいつもより良くありませんでした。この時は、2 月の上旬で、少し落ちこんでいました。でも、そんな時に友達と励ましあい、家族が応援してくれたので、立ち直れました。いよいよ入試当日、私はとても緊張していましたが、絶対に受かりたいとがんばりました。


良かったこと、悪かったこと

普通科 合格 男子

 私は、この受験期間で頑張ったことは、もちろん勉強です。特に覚える教科である理科や社会は、5 教科の中でも 1 番よく頑張ったと思います。1 回した問題をもう 1 度解いたりして工夫もできていたと思います。しかし、私の苦手教科でもある英語や国語はもう少しがんばっておきたかったと今では思います。もし頑張っていたら点数があがって志望校である伝習館高校も A 判定にあがっていたと思いました。
 そして、この受験期間で一番感謝しなければならないのは「親」だと思います。お金を出してくれたり、自分がちょっとなまけている時もしかってくれたりして、「親」がいなければ志望校に合格できなかったと思います。だから、私は、これから恩返しをしていきたいです。


学び、生かす

普通科 合格 男子

 僕は、高校入試 1 週間前くらいまではそれなりの自信がありました。しかし、いざ 2 日前くらいになるともう少し勉強しておけばよかった、あと 1 日でも早く勉強に取り組めばよかったと後悔しました。このことから僕は高校入試を通して計画を立てて行動すること、努力すればするほど自信につながることを学びました。そして、僕はこの経験を高校生になってから活かしていきたいと思いました。
 僕は、九大進学ゼミに来てよかったなと思いました。九大進学ゼミで多くの事を学び、自分の自信につながりました。いろいろなことを教えてくださりありがとうございました。


3年間の努力

普通科 合格 女子

 私は、中学 1 年生から九大進学ゼミに通い始めました。私が3 年間で力を入れたことは日々宿と学力診断テストのやり直しです。
 日々宿は入試に必要な基礎的な知識をつけることができます。だから私は常に間違えた問題では、答えを書き写すだけでなく覚えながら書き、次の週に同じ問題を解いた時、必ず満点になる状態にしていました。
 定期的に行われる学力診断テストは入試に沿って作られています。特に 3 年生では毎月テストがあるので、毎回やり直しをする人としない人では大きな差が生まれます。基本的な知識だけでは受験に通用しないので、この毎回のテストで応用問題に慣れておく必要があります。
 私はこの努力のおかげで入試本番では、自信をもって挑むことができました。