受験体験記
久留米商業高校
Home > 受験体験記 > 筑後地区【久留米商業高校】
九進に入ってよかったこと

経営科学科特別進学コース 合格 女子

 私は日々宿が嫌いでした。私は、2 年生のときに塾に入りました。入った最初の頃は日々宿が嫌いすぎて、「やりたくないな」や「なんでしないといけないんだろう」などマイナスなことばかりを考えて日々宿をしていました。ですが、3 年生で受験生になりテストも増えてきたときに、日々宿をやってきた効果を感じました。そのときに「日々宿をやってきてよかったんだ」と思いました。そして、私が勉強で辛いときに支えてくれたのも九進の先生方でした。私は、生徒会の仕事や部活と勉強の両立でとても悩みました。正直、すごくきつかったです。ですが、九進の先生方はそのことを理解し支えてくださいました。だから、辛くても頑張ってこれたと思います。いろいろな面で支えてくれた九進に今はとても感謝しています。


仲間と勉強できることの大切さ

経営科学科特別進学コース 合格 女子

 私は、九大進学ゼミで先生方やみんなと勉強することができて本当に良かったなと思います。
 私は塾に入ったばかりの頃は、自分からは勉強せず、勉強に対してのやる気が全くありませんでした。しかし塾に入り、先生方の熱心な指導や友達の頑張っている姿を見ました。私はその姿を見て、自分もみんなと一緒に勉強を頑張りたいと強く思いました。
 今の私は、自分から机に向かい勉強することができています。それ r は、九大進学ゼミの先生方やみんなのおかげです。これからも、先生方やみんなと勉強できることに感謝して頑張っていきます。


受験を通して、九進で学んだこと

経営科学科特別進学コース 合格 女子

 私が今回の受験で感じたことは、九大進学ゼミで出会った仲間がいて本当によかったということです。学校の先生から受験は団体戦と何度も教わってきました。ですが、一番勉強をする夏休みや冬休みは学校には行かず塾に行くことの方が多いので、共に塾に通っている仲間と勉強することで自分のエネルギーに変えることができたと思います。私の場合通っている校舎に同じ学校の友達は一人もいません。なので、より勉強に対する他者の考えを知ることができました。また、定期テストなど他の学校の平均点を知ることで、自分が今どのくらいのレベルなのかを知ることができたので受験勉強をより効率的にすすめることができました。九大進学ゼミに通うことができて本当によかったです。


九進から学んだこと

経営科学科特別進学コース 合格 男子

 僕は、中学 2 年生の夏に入塾しました。僕は、勉強の仕方がわからなくて学校の成績に伸びなやんでいました。テストが毎回あり僕は勉強を全くせずに受けていたので、結果はぼろぼろでした。しかし、僕はテストは点数が出たら終わりだと思っていたので勉強はなにもしませんでした。そんな時、先生は僕に「お前はこのテストのためになにかしたのか。お前に足りないのは努力をするということだ。」と僕をしかりました。しかし、僕はそのときテストは努力してとって、そのあとの復習がもっと大事なのだと気がつきました。僕はこの出来事をきっかけに勉強をするやる気をつけることができました。僕はそのあと成績は伸び、入塾したときよりも偏差値が 5 ものびました。僕は、九進に来てたくさんのことを学びました。ありがとうございました。